北傾斜のコートハウス

東京都町田市
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
© Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
写真 © Koichi Torimura
建築家
廣部剛司建築研究所
場所
東京都町田市
2015

もともと建物があった痕跡のない手つかずの傾斜地。北東に向 けて斜めに下がった敷地を訪れた時に感じたことは2つあった。 1つは土を動かす仕事の難しさや傾斜地で高度斜線が掛かってい ることから来る法規制の複雑さといった「困難」を。 そしてもう一つは南下がりの傾斜地ではないので計画自体は難し いけれども、敷地の上部からの陽光を柔らかく受け止める建築に 対するある種の「期待感」だった。

設計の期間を通して地盤面と建築のボリューム(レベル)との 関係がずっと検討されていったのは「困難」の部分で予想されて いたこととはいえ、かなりギリギリの可能性を延々と模索する作 業だった(たとえば、2階南側個室のFLが下がっているのは渡り 廊下のヘッドクリアランスを確保するため)。

傾斜地を切り開いて、生活空間となる床を作るためには擁壁を 作って土留めをする必要がある。ここではその擁壁と建築をいか にして「一体のもの」として設計するのかということがテーマだ った。実際は擁壁に求められる機能と地上の木造部分のそれとは 構法的にはかなりの距離感がある。土圧を受けるコンクリートの 壁と木組みの「家」。その関係を検討していくうちに実はその 「間」にこそ糸口があるのだと気付いた。「間」を開いていって 中庭的な空中庭園を配置したときに、それぞれの生活空間に敷地 上部から注ぐ柔らかな光と風を届け、お互いに気配を感じ生活で きる関係を組み上げることができるだろう、と。南側に離れのよ うな個室を配置、その間に中庭を配することで奥行きが深くなり すぎず、向き合って<共に暮らす>感覚がもたらされるだろうと 考えた。

また、領域感を曖昧にするために、木造外壁部分も擁壁部分も 同じ塗壁で仕上げ、リビング側は特注の全開口サッシュを採用し ている。これによってテリトリーが広がり、建ぺい率を超えたボ リューム感がもたらされる。

敷地が南北に長いこと。断面的が3層にわたる事も感じられる ように、階段室は地下の玄関から2階まで一直線に抜けている。 ここで感じる長い距離感も家の大きさを感じ取るために一役買っ てくれる。そして、内部空間の中での「庭」のように感じられる ように光を導いた。

必要とされた諸室を配置しながら、それぞれの関係性を組み上げ る。その行為の中に「間」を介在させることによって建築自体が ひとつのテキスタイルに紡がれていくような引力を持ったのでは ないかと感じている。

関連したプロジェクト

  • 大阪大学 まちかね保育園
    工藤和美 + 堀場弘 / シーラカンス K&H
  • Pool Pavilion
    Reddymade
  • Sanierung Geschäftshaus Aeschenvorstadt
    KREN Architektur
  • Armadale Residence
    Rob Mills Architecture & Interiors
  • Neubau Chalet
    Arttesa, designed & tailored

Magazine

Takeshi Hirobe Architects によるその他のプロジェクト

海辺のシェルハウス
千葉
大井の家
東京
王子 ARビル
東京
Tre Volte
神奈川
Minamiaoyama M
東京
上野毛 T
東京