プロジェクト

ニコ設計室

粟津さんの家

東京都, 2023

既存建物は、築20年以上のヘーベルハウスの重量鉄骨造の2世帯住宅で、頑丈な重量鉄骨造でした。 間取りはもともと2階がリビング、3階が個室という構成だったのですが、3階には広いルーフテラスがついていたのでそれを生か して3階をリビングスペース、2階を個室という形に再構成してい...

APOLLO / 黒崎敏

LAXUS

東京都大田区, 2022

敷地は都心にほど近い閑静な住宅地。コンクリート打ち放しと樹脂木という二つの異なる素材のキューブがずれながら重なるアイコニックな外観が特徴的で、角地特有の景観を創出している。 エントランス横に設けたピロティーガレージには鉛直柱がなく、木造でありながらも2階のボリュームが27...

APOLLO / 黒崎敏

ESPRIT

東京都渋谷区, 2022

都心部の住宅地に建つコンクリートとガラスのマッシブな外観が特徴。 花や緑を介してライフスタイルをデザインする会社を経営するクライアントは、そのコンセプトを取り込みながら、プライベートのみならずパブリックにも開いた、新しい概念の住宅をつくることを目指して計画がスタートした。 ...

前田圭介/UID

ZHU

Nishinomiya, 2022

アジアでビジネスを展開しているシンガポール在住の建て主が日本での滞在時に過ごす住居の計画である。敷地は風光明媚な六甲山の中腹に位置し周辺一帯は斜面地を宅地造成した住宅街である。様々な制限のかかるこの敷地において、法的に建築可能な最大ボリュームが求められた。 既に敷地内には...

前田圭介/UID

巣-pider

Fukuyama, 2020

領域が伸縮するおおらかな環境 丘陵地を開発した郊外の住宅地に建つ家族4人の住まいである。周辺環境は、分譲地特有の縦横比をもった区画に対して平行に建てられた住宅群が画一的な風景をつくっている。敷地は北面道路に接道し、東西は坂道に沿った状態で隣地とは僅かな段差を伴っている。南...

杉中俊介+杉中瑞季/多和良屋

近江路の家

滋賀県草津市, 2024

滋賀県草津市、浜街道沿いに古くからある集落の古民家。夫婦のための住まい。 これまでの時間の流れを大切にしながら、受け継ぐもの、終うもの、動かすもの、新しいものが混然一体となって、新しい生活空間を構成するように意図した。 ブリコラージュするように積み重ねられた部分の集積に、時...

杉中俊介+杉中瑞季/多和良屋

東力の家

石川県金沢市, 2022

金沢市郊外、4人家族のための住まい。 準工業地域に位置し、将来の外部環境の不確実性により、室内空間のみで成立すべく、中央に内部化した吹抜け庭空間を配している。 家族の生活リズムの違いを調停するため、室用途ごとに床高さを変えたうえで吹抜けに面する構成とし、家族の一体感と生活の...

杉中俊介+杉中瑞季/多和良屋

上馬の家

東京都世田谷区, 2022

住宅密集地のなか、T字路に面して建つ仕事場付き住宅。 敷地に目一杯のボリュームを立ち上げた上で内部空間を立体的に構成することにより、適度に視線が抜け、光や風を通し、明るく変化のある場を生み出している。 駐車場やバルコニー、ルーフバルコニーによりボリュームを切り欠くことで外の...

杉中俊介+杉中瑞季/多和良屋

HP曲面を挟んだ家

東京都世田谷区, 2018

私鉄沿線の閑静な住宅街にある一戸建て住宅。 シンプルに必要諸室を配した長方形平面の二階建て、斜線規制にあわせた立面形状としつつ、1階と2階の間に木造HP曲面による構造床を挟み込んでいる。1階はその曲面あらわしの柔らかく落ち着いた空間とし、2階は各室の床に段差をつけて楽しい場...

ニコ設計室

各務さんの家

東京都, 2022

世田谷区の松蔭神社通り商店街の角地に計画した店舗併用住宅である。 建主の各務さんは退職後の将来、自宅1階で街との繋がりを楽しめる飲食店を開きたい、 と気に入った商店街を探しこの土地を購入されたのが物語のはじまり。 とはいえ敷地はわずか50㎡。そこで1階を家族の食卓を兼用した...

八島建築設計事務所

一色の家

神奈川県三浦郡葉山町, 2023

建築家にとって計画地に足を運び初めてその土地に出会う瞬間は一度限りのもので、環境や風景、街並みと対峙して感じることができる新鮮な所感はその時だけに得られる特別なものである。初見でその場に建てる建物の空間構成が自然とイメージできる土地は、可能性を多く持つ魅力的な土地なのだと思...

田邉雄之建築設計事務所

くくくの家

神奈川県, 2023

空を望み、空を切り取る 40代の夫婦のための平屋住宅は真鶴半島に位置し、敷地は南から北に向けて緩やかに下り傾斜する。 約10%勾配の地面にへばりつくように低く構えた断面形状は、ならい風と呼ばれる海からの地域風と外部からの見下ろし視線に配慮したもの。また南側からの採光と水下側...

ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ

Takarazuka Huts

兵庫県宝塚市, 2018

敷地全体を庭と見立て、おおらかな居場所・風景をつくる 家族とアウトドアで過ごすことの多い友人が、散歩中にこの敷地を見つけた。敷地より下の傾斜地は、宝塚市が緑地としているため、大阪平野への眺望は半永久的に確保される。8.5mの高度差を持つ傾斜地(同時に北側前面道路から最高高さ...

納谷建築設計事務所

弦巻の三角

東京都世田谷区, 2023

—敷地の余白を建築に引き込む— 絵に描いたような三角の土地が道路に突き出した様にあります。 敷地の3辺のうち2辺は、道路に接していて残りの1辺は隣地との境界ですから、どの方向に開いてもプライバシーが侵されます。一方で道路に囲まれていることと、敷地が道路面よりレベルが高い...

納谷建築設計事務所

音楽室のある住宅

東北地方, 2021

北国の地方都市の駅前住宅地、旧国道から北に入った突当たりに敷地があります。 東京のような高密度でもない住宅地で、すぐ近くにはローカル線が通り、川が流れ、山々が連なります。南に開くと旧国道側から丸見え、残りの3方向の周囲は、隣家に囲まれています。 そんな土地に大き...

小松隼人建築設計事務所

夕凪の家

夕凪, 2023

【住環境と風環境の両立】 日本海沿いに建つ住宅。敷地から見る夕日が美しく、まさにこの海と夕日を眺めるため、生活に取り込むための住宅を望まれた。 この地域の波は日常的に荒く、特に風が強い日は護岸の塀も壊すほどの荒波となる。強風の地域では、卓越風向に対して見付面積が小さ...

小松隼人建築設計事務所

下松の家

山口市, 2023

【中庭の求心性と連続性】 山口県下松市の住宅地に建つ計画。敷地が広く隣地との接地距離が長いため、多くの住宅によって囲まれ、多方向からの視線が交錯していた。前面道路は交通量の少ない静かな道路であるが、近隣の幹線道路からの騒音が絶えず響いている。この音環境と合わせて、守ら...

高内智紀/TAADS

OMRH

千葉県千葉市, 2023

千葉市の住宅街の中心に位置する立地条件の中、プライバシーに配慮しつつ開放的な空間に居住する憧れを持ったクライアントのための住宅です。 住宅街の中心地のため、外郭を塀で囲うようなつくりとしてプライバシーを確保しつつ、内側に全開放出来るように設計をしました。 中庭を中心に玄関...

高内智紀/TAADS

Reno-SLH

神奈川県横須賀市, 2023

高台に位置するフランス人のためのセカンドハウスです。 昭和後期に建てられたの鉄筋コンクリート造の建物を購入し、スケルトンリノベーションを施しました。 クライアントの要望で、まずは既存家屋の状態を調査・整理することから始めました。既存配管・電線はかなりダメージがあり危ない状...

高内智紀/TAADS

VHV (VILLA HAYAMA VIEW)

神奈川県葉山町, 2022

日本ならではの特徴・この土地が持つポテンシャルを最大限に活かすことを考えながら設計を行った、葉山の崖の上に位置する相模湾・富士山を一望できる邸宅です。 外部空間をうまく取り入れ、建築・ART・自然が一体となることをコンセプトにしています。 建物はArt Déco(アール...

小松隼人建築設計事務所

Oshigome Base

広島県, 2023

【会所を加えた職住一体の暮らしと自然の繋がり】 敷地は広島県呉市の山間で、東は本庄水源地という貯水池と、その手前に呉湾まで繋がる二河川が流れる。西は絵下山を中心とした山々が連なり、その麓には新旧の住宅が等高線に沿うように建ち並んでいる。建主は長くこの地で工務店を営んで...

小松隼人建築設計事務所

帝塚山の家

大阪府, 2022

【風道を生み出す南北の庭】 大阪市の閑静な住宅地に建つ住宅である。敷地は大きな区画が細分化され、次々と集合住宅や戸建て住宅が建ち並ぶ中での最後の一区画であった。道路側から見ると閉塞的な印象を持つ敷地は反転すると東方向は低層住宅が並び、空に向けての開放性がある。この密集...

小松隼人建築設計事務所

高須の家

広島県, 2022

【風を導く配置 風を調整する所作】 広島市の西部に建つ住宅。もともと60年前に平屋住宅が建っていたが、その30年後に増築を行い大きな一棟へと変遷していた。この度は増築 部分を残し、築60年の棟を切り離して新たに建て替える計画である。敷地は広島市内では稀な広大な敷地で東西に...

八島建築設計事務所

鎌倉寺分の家

神奈川県鎌倉市, 2020

家族の距離と多様な居場所 家で過ごす時間が長くなった昨今、住宅の中の居場所も変化が求められている。この住宅は、ちょうどその変化の中で計画が進んだ。 敷地は緑豊かな高台の縁に位置し、眺望がよく、隣地の桜の大木を借景として楽しむことができる。建主は以前より敷地近くに住み、子...

STAR/エスティエイアール

Villa A

神奈川県横須賀市, 2023

海景と暮らす 日本のヨット文化発祥の地、葉山。そこからほど近い太平洋を望む場所にVilla Aはある。 私たちは敷地を初めて訪れた際、圧倒的な海の広がりを前に息を呑んだ。そしてその素晴らしい自然環境と関係した、彫刻のようなデザインがここには相応しいと考えた。その象徴が、...

STAR/エスティエイアール

葉山の森に集う家

神奈川県葉山町, 2022

集いの庭・アイデアの浮かぶ家 都市化が進み小さな家が立ち並ぶ海沿いの街に、エアポケットのようにぽっかりと緑豊かなサンクチュアリが残されていました。北にはライトの弟子、遠藤新設計の邸宅が広大な庭の木々の先にみえています。 コロナ禍もあり、クライアントは自宅で仕事ができる環...

STAR/エスティエイアール

MDCE

埼玉県大宮市, 2019

The modern design of classic elegance 豊かな住まいとは、心地よく機能的で節度があり、住人のライフスタイルに相応しくちょっぴり遊び心があるデザインであると思っています。 本来のモダンデザインとは、そうした新しい豊かさの提案だったと思いま...

STAR/エスティエイアール

芦ノ湖の別荘

神奈川県箱根町, 2016

スカイリビング 山の尾根の敷地。そこからの眺望をいかすべくシンプルに1層分上げて空に浮かぶ平屋として計画しました。 国立公園公園内であることもあり、眺望が主役となることからモノトーンを基調とした内装計画としています。建築のデザインから、家具、備品、リネン、アートまで全ての...

相坂研介設計アトリエ

代田の住宅

東京都世田谷区, 2022

光や眺望と個室の独立性を両立したコートハウス 親子3人家族のための住宅。南に道路、北は擁壁の上のアパートから見下ろされる細長い敷地で広さと明るさを最大化すべく、斜線と崖地条例で高さも開口も制限される北端奥を、RC造ならではの自立壁によるライトコートとし、そこへ光を導く勾配...

STAR/エスティエイアール

らせんのいえ

東京都北区, 2016

熟成させる住まい 2000年の自作を16年後に完成度をあげることを目的とし「熟成」という切り口でリノベーションしました。キッチンと照明計画の見直しをおこないましたが、それ以外はほぼ当初のデザインを踏襲、深化させています。素材にあそび、形にあそんだ住宅です。 薩摩中霧島壁...

STAR/エスティエイアール

MA Residence

東京都港区, 2014

インターナショナルギャラリーとしての住まい 大使館や邸宅の点在する南麻布にある、海外で長く生活をされてきたオーナーのライフスタイルに相応しい、「人を招き、もてなす住まい」。祖母が幼少の頃使用したルイ・ヴィトンのトランクや父が赴任先で買い求めたケニアのアートなどを取り入れる...

STAR/エスティエイアール

つづきまのいえ

東京都杉並区, 2012

着慣れた服のようにここちよい和のすまい 日本家屋は、家の中に自然を取り込んできました。また、広がりある開かれたスペースを襖、障子で仕切る続き間という手法で作られてきました。そして、古い材料や建具を上手に転用して、ものを大事にしてきました。 私たちは、この考えに基づいて、光...

ニコ設計室

新さんの家

東京都杉並区, 2018

「街のふりをした住まい」 敷地は住宅密集地であるが、街はのどかな雰囲気である。 たとえば周辺の道路上には堂々と桜の大木が点在し、行き止まりの細い路地も多い。車が進入しにくい代わりに子育てには安心で、人間のスケールを感じるエリアでもある。都会の住宅地では、車を持たないライフ...

土田拓也/no.555 一級建築士事務所

OHM / Pente

神奈川県横浜市, 2022

施主は幼少時代にフランスで自然と常に寄り添う環境の中、伸びやかに育った為に、庭を少しでも持ちたいという思いがあった。 計画地は、丘陵地。 造成によって道路より2mほど上がった部分に宅盤が準備されていた。周辺の家は同じように宅盤に建物を乗せ、道路に接する部分にはコンクリート...

ニコ設計室

木元さんの家

東京, 2020

『植物を育てられるようなサンルームがあって、植物を眺めながら生活できたら最高です』 これは設計の最初にに木元さんがおっしゃった言葉です。 そこでせっかくなので、植物のためのインナーテラスが、道路からの視線を避ける緩衝帯としても作用するような空間を考えました。 平面形状は...

ニコ設計室

鬼丸さんの家

東京都杉並区, 2022

独立したアトリエのある中庭形式の住宅。 近隣商業地域と一種低層住居地域の狭間にある敷地で、 裏面は高いマンションが建つ旗竿敷地。 そこで全体は中庭を囲んだようなコの字のボリューム配置にして、まずはプライバシーを確保するようなイメージを作った。その上で地続きな街との連続感...

ページ 1 of 19 ページ