LOUIS VUITTON 京都大丸店

京都市
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
写真 © Daici Ano
建築家
永山祐子建築設計
場所
京都市
2004

京都の代表的な情景である “縦格子” を、京都四条通りの新しくオープンした ルイ・ヴィトンのファサードに再構築した。
ストライプはルイ・ヴィトンが昔 トランクに使用していた “トワイエ・レイエ” というモチーフでもある。 ここに現れている黒い縦格子は実際には存在しない、偏光板によって造り出さ れた幻影だ。現前しているこの格子には厚さも、質感もない。それらは “在る” わけではなく、“見えている” のだ。通りを行き交う人の動きに合わせ、格子は 回転したり、消えたり、軽やかに表情を変え、京都の町並みの中に新しい情景 をつくる。“物質” としてではなく、人とのインタラクティブな関係をうみ出す “事” としてのファサードを作りたかった。

関連したプロジェクト

  • Herman Miller National Showroom
    Krueck Sexton Partners
  • The Ark, Condominiums
    Form4 Architecture
  • SFMOMA Rooftop Garden
    Jensen Architects
  • Kokoris Residence
    Jensen Architects
  • Turner Duckworth Offices
    Jensen Architects

Magazine

永山祐子建築設計 によるその他のプロジェクト

西麻布のいえ
東京
tonarie大和高田
奈良
VOGUE Wedding Salon
東京
歌舞伎町一丁目地区開発計画
東京
明るい窓
東京都渋谷区
丘のある家
東京都