Magazine

医療福祉施設
2 month ago

A Nomad Sub(坂東幸輔+須磨一清) + ナノメートルアーキテクチャー(野中あつみ+三谷裕樹)による大阪市淀川区の障碍者就労支援施設「PALETTE」。社会福祉法人 関西中央福祉会が運営し、ものづくりに特化した新たな事業所として工房やカフェ、ギャラリーを併設している。クライアントは坂東さんらが手掛けた、神山町のプロジェクトを見学したのがきっかけで設計を依頼。街に対して開き、"見られる建築" を求められたという。 PALETTE, employment support factory for the disabled by A Nomad Sub + Nanometer Architecture


公共施設
on 2019/06/14

小泉雅生/小泉アトリエによる「横浜市寿町健康福祉交流センター/市営住宅」を見学。この地に40年以上あった旧労働福祉会館および市営住宅(設計:緒形昭義)を建て替え、新たな施設として生まれ変わらせるためのプロポーザルコンペが2014年に行われ、小泉アトリエが設計者に選定された。[Yokohama-Shi Kotobuki-cho Health Welfare Exchange Center by Masao Koizumi / Koizumi Atelier] Koizumi Atelier


医療福祉施設
on 2019/02/15

徳田慎一(徳田慎一建築設計事務所)による東京 大田区の「池上のクリニック」を見学してきました。東急池上線 池上駅から徒歩5分ほどの場所。徳田さんは青木淳建築計画事務所出身だ。[Clinic in Ikegami by Shinichi Tokuda] Shinichi Tokuda, Neoplus Sixten Inc.


ページ 1 of 1 ページ