新潟の自動車整備工場

新潟
建築家
石井大五+フューチャースケープ 建築設計事務所
場所
新潟
2008
Photos
Koichi Torimura | Future-scape Architects

※写真: 鳥村鋼一

※※写真: ヒューチャースケープ建築設計事務所

新潟市郊外に立つローコストの自動車整備工場。ユーザー向けレンタルガレージも兼ねている。

郊外には、色や形の奇抜な施設が次々とできる一方で、単調で、灰色やベージュの建築もたくさん存在する。ここでは、奇抜さ競争に巻き込まれず、かつ、単調でもない郊外型建築をつくろうとした。小さな違いの積み重ねで、「どこか違う」建築をつくること、具体的には、つくり方をいろいろなレベルで反転させている。

外形は、認証工場のために法で定めた最低のボリューム。そういう機能的な形が、郊外型建築の基本と考え、黒い外観は、郊外では意外と少ない色で、景観の地となる色として選定した。

外観の反転

ふつうの建築と違い、各面の窓は、面する外部の様子に合わせ、高さ、割付が変わっている。異なる4つの面が角でぶつかる。

例えば、交通量の多い道路に面する南面は、車の速度に合わせた大ガラス窓のファサードになっている。道路端に、大きなテレビスクリーンを置いたような単純さで、往来する車にアピールする。西面は、洗車場に面し、歩き回る客のスケールに合わせて、高さを抑えている。

内部の反転

郊外型建築の多くは、内部を、ベージュや無彩色で仕上げているが、ここでは、正反対に、強い色を導入している。色は、中央のガラス間仕切を境に、橙から水色に切り替わる。工場内を動くたび、色の境界をまたぎ、つねに、色による反転を意識することになる。

反転の結合

少人数で運営するため、管理しやすさがクライアントの希望だった。ラウンジのデスクから、外のコイン洗車場を監視できるように、壁が、洗車場に向けて放射状に開き、その間が、待合スペースになっている。壁の両側は、鏡を貼り、死角で見えない洗車場の一部も、鏡に映る。

待合スペースは、実像と虚像、2色の色が出会う場所となる。「反転」の風景が、ここで、一つに結ばれ、待合スペースは、工場の「要」となる。

http://www.future-scape.co.jp/g200303works/g200303worksimage/g2003h02mederu/g9903h02mederu.html

関連したプロジェクト

  • Al Lisaili School
    Urbanism Planning Architecture Italia
  • China-Israel Industrial and Creative Centre
    10 Design
  • Kindergarden Sluderno
    Roland Baldi Architects
  • Fire station of the voluntary fire department Fleres
    Roland Baldi Architects
  • Private Residence, London
    Christoph Philadelphia

Magazine

Daigo Ishii + Future-scape Architects によるその他のプロジェクト

2焦点ハウス、新潟、2008
新潟
武蔵小山の住宅
東京
Jigsaw
新潟
新潟の住宅
新潟
小金井の住宅
東京
天童木工 PLY
東京