U・T

Takeshi Hirobe
8. 4月 2020
All Photo by Neoplus Sixten Inc.

廣部剛司建築研究所による三鷹市の住宅「U・T」。それぞれの場を過ごすときの時間感覚にどう寄り添うことができるか、ということを強く意識しながら設計。 [U・T house by Takeshi Hirobe Architects]

比較的ゆったりした敷地にL字型の建物を北西に寄せ、南側に陽射しがたっぷり降り注ぐ庭を持つ。
玄関を上がると、様々な表情を持つ変化のある動線が現れる。正面はDK、右はリビングへ。
刷毛引きされたシラス壁と、床はウォルナット。
大開口で庭に面したDK。キッチンの奥は広めの家事室兼パントリーで、ダイニングの奥へも通じている。
ダイニングから見返す。左奥に見えるのはリビング、あえて離して配置する事で、広い中間領域であるテラスや中庭といった外部空間が生まれ、内外で違った楽しみ方ができるように計画した。
“廊下” や “階段室” といった用途を限定するような動線部ではなく、それぞれゆとりを持たせることで “居場所” となっている。
階段下はこのような居場所で、地窓により採光と抜けがあるため閉塞感はない。垂れ壁のように設えた格子の手摺は、後ほど分かるが2階の手摺と呼応する関係に。
リビングはダイニングなどとは距離を取り独立しているが、中庭を介し互いの気配を感じ取ることができる。
照明を点けるとこのように。この住宅では全て機能や説明の付くデザインばかりでなく、「意図的にカタチを与えていった。」と言う廣部さん。ダイニングとは視覚的には一体的となりながらも、空間的にも意匠的にも切り離し、リビングならではの過ごし方ができるよう演出した。
2階には3つの個室とバルコニー、水廻り、そして “ラウンジ” を配した。
“ラウンジ” と呼ぶフリースペースは奥さま所望の居場所。家事動線の中心にあり、家事の合間に読書をしたり、小さなお子さんと一緒に過ごしたりする行為を受けとめる場。
ラウンジは、廊下や向かいの開放可能な個室、そしてバルコニーと曖昧な境界によって一体となっている。寝るため、或いは風呂に入るためだけではなく積極的に使える2階だ。
ラウンジにはシェルフやエアコンも。奥は水廻りで、洗面、洗濯室と続き、、
外にはプランターを置ける小さなバルコニーが付く浴室へとシームレスに連続する。
主寝室は独立した雰囲気だが、ドアを開け放つと北側の開口の外まで抜けが確保される。
廣部剛司さん。「人の生活を受けとめる居場所をつくる要素は、決して面積の広さだけではありません。光の分布や素材感、モノとモノが交わるときのディテール、包み込むスペースの空間ボリュームなどの要素が関わっていくものです。ここには、その一つ一つを工事中も含めたあらゆるステージで検証しながら歩んでいった軌跡が刻まれています。」
【U・T】
設計監理:廣部剛司建築研究所
構造設計:構造設計工房デルタ
施工:山菱工務店

用途:専用住宅
構造・規模:木造2階建て
面積:敷地面積199.57m2、建築面積86.50m2、延床面積155.72m2。

Posted by Neoplus Sixten Inc.

このカテゴリ内の他の記事

雑司が谷・T邸
1 month ago
U・T
1 month ago
東玉川の集合住宅
on 2020/03/04
WO house
on 2020/01/29
北鎌倉ハウス
on 2020/01/10
House Z
on 2019/12/25