オーガニックボックス

静岡県
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
写真 © yuji tanabe
図面 © yuji tanabe
建築家
田辺雄之建築設計事務所
住所
熱海市銀座町10−18, 413-0013 静岡県
2019
費用
非公開
階数
1~5階
チーム
cloud: Kentaro Okada, art director: Queue
施工
川口建築

静岡県熱海市の海へと繋がる熱海銀座通り商店街に面するオーガニックカフェ。間口が5mほどの既存店舗は、熱海の芸者さんが通った小間物屋(椿油や白粉等を扱う)がルーツの調剤薬局。今回はその1/4ほど(間口2.5mx奥行き5m)をオーガニックカフェへと改装した。通りに面した店頭販売を主としているが、厨房裏のカウンター席、テーブル席、長手方向の木フレームを利用したロングカウンターと様々な客席を用意。薬局との仕切りには網入り型板ガラス霞クロスを用いることで互いの光と気配を感じることができる。またこのガラスは18cm幅の横桟毎に、湯けむりが立ち上るが如く垂直方向の角度を振ることで、薬局側では商品棚のスペース、カフェ側ではカウンタースペースをつくりだしている。この角度の異なるガラスには、カフェの照明の反射光はもちろんのこと、薬局側の様々なカラーの化粧品サインがぼやけて透けたり、通りを走る車のライトやアーケードの光が交差する。単層の仕切りでありながら湯けむりのような多層で複雑なひろがりをつくりだしている。コストを抑えるために天井には極力手を加えないこととした。よって既存の空調機や照明を利用するために仕切り壁の上部は金網となっている。厨房内の壁に掛けられた雲のような棚や照明フードは茅ケ崎在住の彫刻家である岡田健太郎氏によるもので、線による印象的な陰影を空間に与えている。厨房の壁はアルミで覆い、光る目玉を二つ通り側に設けることで商店街の賑わいに参加している。

関連したプロジェクト

  • Dorfspielplatz Berneck
    OePlan
  • Privatgarten G
    OePlan
  • Privatgarten D.
    OePlan
  • Canberra Central Parklands
    Oxigen
  • Oosteroever - Mixed development; residential use & commercial spaces
    CONIX RDBM Architects

雑誌

田辺雄之建築設計事務所 によるその他のプロジェクト

Ooi60
東京
フラワーアパートメント
千葉
Kamakura 130
神奈川
アルマジロ
神奈川
コロナ電気新社屋工場
茨城
ペッタンコハウス
長野