廣部剛司「世界の美しい住宅」出版記念展

Takeshi Hirobe Architects
14. 十月 2020
All photos by Neoplus Sixeten Inc.

廣部剛司の最新著書「世界の美しい住宅」がエクスナレッジより刊行。その記念展が10月13日より東京丸の内 ASJ TOKYO CELLにてスタートした。本展では、本の中で紹介されている1920年代〜70年代の世界のモダニズムを代表する巨匠たちが手掛けた名作住宅全32作品の中から11作品を紹介。

建築家を志した20代の頃から、世界各地の建築を訪れてはスケッチを描き続けてきた廣部さん。本書は、自身が現地を訪ねて描いたスケッチ、写真、手描きの図面などともにその見どころを紐解いている。それぞれの建築家のキャラクターやその建築が生まれるまでの背景にも焦点を当て、新たな発見や学びをもたらしてくれる一冊。
壁面の作品解説パネル。布に印刷されているため、次の横浜での巡回展をはじめその他の地域での展開も容易にできる仕様になっている。本で紹介する住宅の選定については一つずつ資料の再読をすることに半年を要し、企画から出版まで3年ほど時間を掛けたという。
カルロ・スカルパ〈ヴェリッティ邸〉のパネルとスケッチ
ル・コルビュジエ〈サラバイ邸〉のスケッチ
中央の島には、廣部さんが世界中を旅して描いた様々な建築物のスケッチが、ヨーロッパからアメリカまで横断するような流れで展示されている。
同じ場所でも異なる時期に訪れた時に描いたスケッチなどもあり、その時々の見え方や描きたくなった場所の違いなどが見てとれて興味深い。
会場には廣部さんの手掛けたVIlla SSK、PHASE DANCEなどの住宅プロジェクトを紹介するコーナーも。自身のプロジェクトでも「手で考える」という思考が実践されている。
「あらためて読み返すと、これは美しい住空間を紹介してはいますが、それぞれの建築家の生き様を辿っていった記録のように感じています。コロナ禍でなかなか旅に出られない今ですが、旅するように読んで頂ければと思っております」と廣部剛司さん。
【廣部剛司 “世界の美しい住宅” 出版記念展】
 
2020年10月13日〜10月21日(13:00〜18:00)
ASJ TOKYO CELL(東京都千代田区丸の内3-4-2 新日石ビル1F)

2020年10月23日〜11月1日(13:00〜18:00)
ASJ YOKOHAMA CELL(横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー31F)
 
“世界の美しい住宅” エクスナレッジ
www.xknowledge.co.jp/book/9784767828121
 
著者在廊予定などの詳細はこちら:note.com/hirobet/m/md68aeece4b80


Posted by Neoplus Sixten Inc.

此类别的其他文章