プロジェクト

シーラカンスアンドアソシエイツ

京都外国語大学新4号館

京都府京都市, 2017

JR京都駅から北西に車で約10分。四条通と葛野大路通りの交差点にある京都外国語大学キャンパス。限られたキャンパス内に12棟の校舎と行動が建て込んだ状態になっているが、旧耐震基準で建てられたものばかりだった。そこで、キャンパスの中心にあり、老朽化が最も進んでいた「旧4号館」を...

小堀哲夫建築設計事務所

梅光学院大学-The Learning Station CROSSLIGHT

山口県下関市, 2019

“都市の延長である三次元網目構造” 梅光学院大学新校舎「The Learning Station CROSSLIGHT」は、学生が世界で活躍できる人材となるべく、”考える力”“生きる力”が培われる場を目指している。山口県下関市のキャンパスは、襞状の複雑な地形に道路が入り組む...

STGK Inc. | スタジオ ゲン クマガイ

常葉大学 静岡草薙キャンパス

静岡, 2018

校舎の活動と連動しコミュニケーションを生み出す4つのテラス 常葉大学のランドスケープでは、主な居場所として4つのテラスを計画しました。内外一帯で利用できるように、校舎内部の機能に応じてテラスのテーマをそれぞれ「育」「食」「動」「知」とし、テーマに合わせてファニチャをデ...

遠藤克彦建築研究所

東京大学生産技術研究所アニヴァーサリーホール

東京, 2012

既存建物である60号館は、昭和37年に我が国最初の超音速風洞として完成し、超音速気流風洞実験室及び高速内部流体実験室として利用されていました。昭和39年に宇宙航空研究所となって本格的に利用され、超音速風洞は空気力学部門、内部流体実験室は原動機部門として活用されました。その後...

デザインネットワーク | DNA

梅光学院大学 / The Learning Station CROSSLIGHT

山口県下関市, 2019

拡張する“交流のグリッド” The Learning Station CROSSLIGHTは、既存校舎解体後に建設予定の“セントラルパーク”(2021年完成予定)を含めた全体計画の中の、第一期計画として完成した新校舎である。新校舎の設計は建築家・小堀哲夫氏である。The ...

Belmont Freeman Architects

Music Building, Ogaki Women's College

Ogaki, 2004

A 23,000 sf new building for the music department at Ogaki Women’s College in Gifu Prefecture, Japan; this was Belmont Freeman Architects...

岸和郎 + ケイ・アソシエイツ

京都造形芸術大学 望天館

京都, 2019

京都造形芸術大学の前身は旧京都芸術短期大学であり1977年に創立された。その短大創立時の本部棟として建設されたのが、この建築と同じ場所に建っていた旧望天館であり、煉瓦タイルの外装が特徴的な三階建のその建築は過去の卒業生の記憶に現在でも鮮明に残っている。 学園創立時の旧望天館...

イガラシデザインスタジオ/ 五十嵐久枝

ゼロスペース

武蔵野美術大学, 2018

武蔵野美術大学9号館 コミュニティースペース

デザインネットワーク | DNA

九州女子大学

福岡県北九州市, 2017

公園のようなキャンパス 新校舎の建設に伴い古い校舎群が解体され、その結果キャンパス内に広大な屋外空間が生まれた。広大な屋外空間に特徴の異なる5つの広場を計画しそれらを緩やかに繋げることで、学生たちのアクティビティがキャンパス全体に広がっていくことを期待した。ファニチャーや...

デザインネットワーク | DNA

熊本保健科学大学 新アリーナ

熊本県熊本市, 2018

田園風景と連続するランドスケープ 熊本保健科学大学における新しいアリーナの周辺と、駅とキャンパスを結ぶメインストリートのランドスケープである。アリーナは駅や鉄道に隣接していることから、アリーナは大学の顔としてシンボリックな存在となることが求められた。ランドスケープは立ち上...

NKS architects

福岡女子大学(新築第1期工事)/JV

福岡, 2014

歴史ある公立女子大学の建てかえ計画で、全体を3期に分けて計画した。高低差のある敷地の中で大学の中心を走る象徴的な並木道に沿ってそれぞれ性質の異なる5つの棟を配置し、それらを結びつけるコミュニケーション空間として、レベル差を吸収するフラットな屋上テラスと、その下にアクティブラ...

岸和郎 + ケイ・アソシエイツ

KIT HOUSE

京都, 2010

この建物は60年以上の歴史のある大学、京都工芸繊維大学のキャンパス中央に建てられる学生会館であり、1階に食堂、2階にブックショップとコンビニエンス・ストアが入る。 キャンパスの中央に建つため、キャンパス内の景観上のコンテクストを読み取り、その延長上でありながら...

三浦慎建築設計室

一橋大学 如水会百周年記念インテリジェントホール

東京都国立市, 2015

往時の階段教室のたたずまいを踏襲しつつ、最先端の映像・音響機器を採用し、グローバルリーダー教育における多人数ディベート講義や海外協定校との遠隔講義などに対応したインテリジェントホールとして再生することを目指した。 歴史と伝統に基づく趣あるレンガ造建物の内部に、ふんわり...

飯島直樹デザイン室

工学院大学 学生ホール B-ICHI

東京, 2015

デザインネットワーク | DNA

九州産業大学

福岡県福岡市, 2012

屋外に広がる“学生ラウンジ” 九州産業大学における開学50 周年記念事業の一環として行われた、キャンパスの再整備事業である。九州産業大学のキャンパスにはランダムに配置された校舎、高低差のある地形、キャンパスを分断する水路といった様相があり、それらを積極的に活かしたランドス...

ALG 建築照明計画株式会社

大東文化大学 東松山キャンパス第3期 教室棟(新2号館)

埼玉, 2014

<教育施設における内外へ新しい光環境の照明デザイン> 2014年12月末に第3期工事が竣工し、2012年に始まった整備事業が完成した。第3期工事は第2期工事の多目的交流棟(新5号館)に隣接する“憩いの丘”と名...

ALG 建築照明計画株式会社

大東文化大学 東松山キャンパス第2期 多目的交流棟・教室棟(5号館)

埼玉, 2013

<多様なコミュニケーションを促す照明> 2012年2月に竣工した食堂棟に続く第2期整備事業である多目的交流棟(新5号館)と教室棟(新4号館)のテーマは、学生・教職員・地域・世界の『交流』である。東松山キャンパスで学ぶ約7000人の学...

ALG 建築照明計画株式会社

大東文化大学 東松山キャンパス第1期 食堂棟・研究棟

埼玉, 2012

<新しい学生ライフを司る照明> 大東文化大学東松山キャンパス整備事業計画はマスタープランに基づき2009~2014年の間、4つのフェーズに及ぶ実施期間に入った。ALGは照明コンサルタントを依頼され、フェーズ1である学生食堂+レクチャ...

MLS / Mitani Landscape Studio

芝浦工大 豊洲キャンパス

東京, 2005

MLS / Mitani Landscape Studio

國學院大學

東京, 2009

IKDS

慶應義塾大学SFCキャンパス デザインスタジオ棟

神奈川, 2000

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスは、新しい教育・研究環境づくりへの先進性が知られるが、2000年に竣工したデザインスタジオ棟もその新しい試みの一つ である。槇文彦氏設計のキャンパスで郊外的位置づけとなる東側緑地の中に、賑わいあるキャンパス中央ゾーンと補完し、リゾートコテージの...

ページ 1 of 1 ページ