熊本保健科学大学体育館ランドスケープ

熊本市北区, 2018

熊本保健科学大学における新しい体育館の周辺と、駅とキャンパスを結ぶ通りのランドスケープである。敷地は駅の目の前に位置しているため、体育館は大学の顔としてシンボリックな存在となることが求められた。ランドスケープは体育館の存在を際立たせるために、出来るだけフラットな計画とした。...

九州女子大学ランドスケープ

北九州市八幡西区, 2017

新校舎の建設に伴い、古い校舎が数棟解体されたため、キャンパス内に広大な屋外空間が生まれた。キャンパス内に様々な活動・交流広場を展開し、動線空間を再整備することで、学生たちのアクティビティが日常的に広がるキャンパスを目指した。面的な広がりや緩やかな高低差を活かし、公園の中に大...

福岡市立こども病院ランドスケープ

福岡市東区, 2014

「こども病院」は多くの子どもたちが利用する施設であることから、子ども目線でのランドスケープのあり方について検討を重ね計画を行った。また、病院と周辺環境とが出来るだけ連続するようなランドスケープを計画することによって、オープンな「こども病院」にすることを目指した。オープンな「...

居酒屋「いのいちばん」内装設計

福岡市博多区, 2013

博多区古門戸町の居酒屋の内装設計(外装デザイン及び植栽設計含む)を行った。古門戸町は博多の下町人情や文化が色濃く残る地域の一つである。当初よりあった大きな開口部を活かすことで、縁側と庭のように、外と内とが開放的に連続する居酒屋にしたいと考えた。そして、歴史ある街の夜に、店内...

九州産業大学ランドスケープ

福岡市東区, 2012

九州産業大学における開学50 周年の記念事業として、キャンパス・ランドスケープの再整備が数年かけて段階的に行われた。このプロジェクトでは、従来のキャンパス・ランドスケープに見られる格式や形式といった視点からではなく、“九州産業大学らしさ”“九州産業大学ならでは”といった視点...

福岡大学附属大濠中学校ランドスケープ

福岡市中央区, 2011

学校内では一年を通して様々な活動が行われるため、出来るだけオープンでフレキシブルなランドスケープを計画した。また将来、生徒たちが学校生活を振り返った時、あるいは学校を訪れた時に、自らの学校生活の記憶や思い出が蘇るようなランドスケープにしたいと考えた。生徒たちが学校生活の記憶...

福岡県済生会飯塚嘉穂病院ランドスケープ

福岡県飯塚市, 2011

福岡県飯塚市に位置する総合病院のランドスケープである。緩和ケア施設等もあり、プライバシーに配慮しつつ周囲の豊かな自然を活かしたランドスケープが求められた。 計画全体のモチーフとして、正円という強い幾何学を用いている。それは、周囲の豊かな自然に対してコントラストを持たせること...

キャナルシティ博多・イーストビル 舗装デザイン

福岡市博多区, 2011

キャナルシティ博多に新たに増築されたキャナルシティ博多・イーストビルの舗装デザインである。 舗装デザインのコンセプトは「水の流れ」である。キャナルシティ博多の「運河」と連続する「水の流れ」を作ることによって、キャナルシティ博多から「人の流れ」をイーストビルに引き込むことをイ...

グランガーデン福岡浄水ランドスケープ

福岡市中央区, 2010

福岡市の都心部に建設された住宅型有料老人ホームのランドスケープである。都心でありながら、豊かな自然を感じることができるような環境を目指した。また中庭では様々なイベントを開催したり、日常の憩いの空間として利用したりできるように計画することで、居住者どうしの交流を促すことを意図した。

福岡山王病院ランドスケープ

福岡市早良区, 2009

敷地は福岡市早良区に位置する病院の公開空地である。周囲には小学校や図書館、博物館、テレビ局、高層マンション等、様々な施設が建ち並ぶ。それらの施設利用者が気軽に立ち寄ることのできる「リビング」のようなランドスケープを目指した。一般的にリビングが家の中心にあるように、このランド...