マキさんの住宅

Yusuke Komata
23. 9月 2020
All photos by new building office 

小俣裕亮/小俣裕亮建築設計事務所による「マキさんの住宅」。集合住宅の一室のリノベーション。間仕切りを撤去したワンルーム空間、厚さ50mmのセメント板による極薄の組積造の壁を立て、その周囲を回遊する空間のつらなりとして生活の場を設けた。小俣氏は磯崎新アトリエ出身で2016年に独立。
Renovation project of a room in an apartment. By building 50mm thick Ultra-thin cement panel masonry walls in the center of the room, a continuous space around the walls appears.
 

(※以下、建築家より提供されたキャプションを元に構成)
キッチンやバスルーム、トイレを内包し、またアートを掛ける壁として重量感のある壁が要請された一方で、壁を配置できるスペースが限定されていたため、押出成形セメント板を積み重ねる計画とした。セメント板の壁の周囲はひとつながりの空間となっており、リビング/キッチン/寝室/洗面所/リビング…のように円環状に連続している。
Entered into the living space, a masonry wall made by extruded cement panels appears. To enclose a kitchen and a bathroom, and to be a firm background of an art piece, the wall should be massive. On the other hand, the dimension for the wall was limited, therefore we designed the wall as a masonry of thin cement panels. The spaces around the wall continue circularly -living space / kitchen / bed room / bathroom / living space….
空間全体を囲むようにラワン合板による造作家具がぐるりと配置。
The lauan furniture is arranged along the perimeter wall of the room.
リビングがワークスペースと接するところで家具や窓枠の色が切り替わり、場所にそれぞれの性格を与えている。
The color of furniture is changing in-between the living space and workspace, gives each space own character.
リビングからワークスペースを見る。窓際ではデスクになったり、ワークスペースの周りでは天井までの本棚になったりと変化しながら一室空間を包むように配置。
View from living space to workspace. The lauan furniture is arranged to surround those spaces, and changing its shapes to be a desk, a book shelf, a closet and so on.
洗面所越に寝室を見る。窓のないスペースとなるため、寝室から採り込んだ光がよく反射するよう、ウレタンを厚塗りし光沢をもった壁を鏡と正対させ配置。
View the bedroom through the bathroom. The plywood wall coated with thick urethane is put to reflect natural light to the bathroom without windows.
洗面所から玄関を見る。玄関やリビングからの光も、ウレタン塗装面が反射させ回遊させている。シーリングライトを露出させて天井スラブに取り付けている。
View from the bathroom to the entrance. The light from the entrance and the living space are also reflected by the wall coated with urethane. The downlight fixture supposed to be embedded into ceiling is installed and exposed on the slab.
寝室にセメント板による組積造の壁が立ち上がる。天井と床のスラブによってテンションをかけられたスチールロッドによって面外方向の倒れに抵抗し、ロッドによって直接支持されていないパネルも、支持された上下のパネルによって挟み込まれることで保持されている。ロッドによって支持されたパネルをバランス良く配置するため、セメント板の目地が互い違いとしている。
右手が洗面所、左手がキッチンを介してそれぞれリビングに通じる。
The masonry wall is built up in the bedroom. In terms of the structure of the masonry wall, steel rods which applied tensile force between the ceiling and the floor slab are installed to resist collapsing force. An alternate joint pattern represents balanced configuration of the panels supported by the rods. The right and left side of the wall are continuing with the living space via the bathroom or kitchen.
セメント板の目地のパターンと、オークの床張りのパターンがスケールを変えて呼応している。寝室と洗面所の間でも家具の色が場所に合わせて切り替わる。
The joint patterns of the wall and the floor are responding to each other on different scales. The furniture color is also changing in-between the bedroom and the bathroom.
キッチンから寝室を見る。寝室はキッチンを介してリビングと連続しているが、斜めになっている左手の壁面形状を活かして、見通せないゆるやかな連続性となることを意図した。
ここでも寝室とキッチンの間で家具の色が切り替わっているのが分かる。
View from the kitchen to the bedroom. The bedroom is continuing with the living space through the kitchen. The furniture color also changes in-between the bedroom and the kitchen. The bedroom is able to be separated by the sliding door fitting into the wall.
壁に仕込んだ引き戸で寝室とキッチンを仕切ることもできる。
The bedroom is able to be separated by the sliding door fitting into the wall.
スチールロッドと天井スラブの接合部。ベースプレートを介して天井スラブに緊結し、ロッドにテンションを導入。
The joint between the steel rods and the ceiling slab. The steel rods are tightly connected with the ceiling slab through the baseplate, to apply tensile force into the rods.
スチールロッドとセメント板の接合部。セメント板の規格としての接合方法を踏まえながら、積み重ねられたパネルのかみ合い、それを倒れないように支えるロッドの取り付き方といった、ものの成り立ちや造られ方がトレースできるような簡潔なディテールを検討した。
The joint between the steel rods and the extruded cement panel. Concise details show the ways of components assembling such as how the panels stack, and how the rods support the panel.
スチールロッドと床の接合部。ロッドは床スラブに緊結されるため床板を貫通。
The joint between the steel rods and the flooring. The rods pierce the floor in order to connect with the floor slab tightly.
手前左からセメント板とスチールアングル、引き戸、洗面所のウレタン塗装壁、引き戸。セメント板、鋼材、リノリウム、積層合板などの普遍的な素材の組み合わせでそれぞれの場所に性格を与えた。
From the left, the cement panel, the steel angle, the sliding door, the timber wall coated with thick urethane and the sliding door. The assembly of ordinary materials and components give the specific character to each space.
天井はスラブ現しとし、この部屋のこれまでの来歴が壁の痕跡やマーカーの書き込みによって現れている。
電気配管と並んでセメント板を支持するロッドがスラブに緊結。
スチールロッドは組積造の壁を支持する構造体でありながら、設備配管や家具・建具のハンドルのようなスケール感で、一室空間の中に紛れるように配置されている。ものを積み重ね、倒れないように控え壁で抵抗する組積造という技術体系を、集合住宅の一室の限られた寸法の中で成立するように、壁の厚みを薄くし、控え壁が果たしてきた役割を繊細なスチールロッドに任命し直すといった、技術の編集をすることで、力の因果関係を体現するものを生活空間に同居させることを意図した。
The history of this room so far appears as a trace of wall or a written character on the exposed ceiling slab. The steel rods connect with the ceiling slab among the electrical fixture. Although the structural element supporting the masonry wall, the steel rods are installed under cover of miscellaneous things on a scale like a handle of a door and furniture, or piping. We made the wall thin and assigned the steel rod to a roll of a buttress, in order to realize the masonry wall inside a room of an apartment. We did edit the system of masonry construction which consists of stacking components and buttresses against collapsing, and we intended to insert an element representing causality of forces among components into the daily life.
 
【マキさんの住宅】
設計監理: Yusuke Komata new building office(担当: 小俣裕亮+伊志嶺千賀)
構造設計: EQSD 一級建築士事務所(担当:三崎洋輔)
家具: イノウエインダストリィズ
施工: ディーズクラフト
用途: 住宅
構造: RC 造(集合住宅)一部押出成形セメント板による組積造
改修床面積: 67.76m2

Maki House
Architect: Yusuke Komata new building office (team: Yusuke Komata, Chika Ishimine)
Structural engineer: Enhanced Quality Structural Design (in charge: Yosuke Misaki)
Furniture: Inoue Industries
Construction: Dʼs craft

Usage: Residential
Floor area: 67.76m2
Structure: RC (Apartment), Masonry with extruded cement panel


Posted by Neoplus Sixten Inc.
 

このカテゴリ内の他の記事

マキさんの住宅
1 month ago
Silver Water Cabin
1 month ago
麻布の別邸
1 month ago
角花
on 2020/06/19
ORTHO
on 2020/06/08