展示壁のいえ

Yuko Nagayama
21. 7月 2023
All photos by Neoplus Sixten Inc.
敷地は都内の高台にある閑静な住宅街。既存の日本家屋の平屋部分を減築し、新に鉄骨造3階建ての住宅を建築した。
外構完成前の様子。引きで横から撮影できないのが残念であるが、立面はシンメトリーな “T” 字型をしており、東西に2.4mキャンティレバーで跳ね出している。
外構完成後。東側の跳ね出しの下と、北側に駐車場を設け、地面は洗い出し仕上げに。
サイディングはケイミューのSOLID。
西側の跳ね出し下は枯山水の坪庭となる。
奥の減築された母屋は茶室もある古い日本家屋で、渡り廊下で接続されているのが見える。
玄関は大きな鉄の引戸。
引戸の表面は現場の土を混ぜた中村塗装工業所のオリジナル塗装で、まるで土壁のようだ。
玄関引戸を開けると、引戸と同じ幅の土間で、アートが架けられるギャラリースペースとなる。
上は手前が二層、奥が三層の吹き抜けとなり、トップ、ハイサイドから自然光が1階まで落ちてくる。随分と大きなH型鋼が見えるが後ほど説明する。
向かいはそのまま同じ幅の開口があり坪庭へ連続する。
傍らには永山さんがデザインしたTALIESIN LIGHT。(ヤマギワによるフランク・ロイド・ライトをオマージュしたシリーズ
施主はアートコレクターで、特に首都高速をモチーフにした作品が多く、それらを展示する壁面がある家を望んだ。
1階の壁高さは、左手の150号の絵画の大きさから決められた。
壁や天井は調湿や脱臭効果があるソイルペイント。床はモールテックス。
奥にもギャラリースペースは続き、平面作品の他に、オブジェや画集なども多く所有しているので大きなシェルフを設置。
左手には吉岡徳仁がデザインしたKartellのスマトリック ロッキング。
2階はファミリールーム。1階から右手の廊下に上がって、奥が子供室1と納戸。冷蔵庫の背面は階段室をはじめエレベーターや、トイレが納まるコアで、その周りが回遊型動線となっている。
こちら西側がLDKで、3面プラス吹き抜けからも自然光が差す非常に明るい空間だ。
ダイニングセットはBoConcept、ソファはPoltrona Frauから選んでいる。
LDKの南東角は母屋の庭と遠景が望めるので、その部分に掃き出しの開口を設け、他はハイサイドライトが建物を1周し、プライバシーの確保と同時に、壁面を多く取れるような構成とした。
首都高速をこよなく愛する施主のために、首都高速の土木的構造物を感じさせるデザインとして、住宅にはオーバーサイズなH型鋼を敢えて現しにした。
H型鋼の梁は各階3本ずつ短手方向に等間隔で横たわり、1・2階の梁成が600mm、3階は450mm。梁の両端が100mm角の無垢スチール柱に接続され、南北6本の柱のみで鉛直加重を支えている。
筆者が立っているソファやダイニングのある側は、キャンティレバーの上にあたり、側壁の中にあるトラスで支持され2400mm跳ね出している。
建て方完了時の様子。首都高速の高架のようにも見える。
(Photo: 永山祐子建築設計)
キッチンは高めのカウンターで手元を隠した。
吹き抜けの壁面には写真作品。この2枚は首都高速関連ではなく、好きな東京の風景。
スリット状に切り取られる周囲の景色や青空に挟まれたアートが、まるで浮いているように見える。
高架を見上げている雰囲気。
施主は将来的にはここを私設美術館に転用できるように望んでいる。
3階子供室2。子供室は2階と3階に1室ずつ。
主寝室。吹き抜けの東京タワーが中央に見え、窓の向こうの景色のようだ。吹き抜けに面した開口は引戸になっている。
ベッドボードの後ろはウォークインクローゼット。右手はプロジェクターが投影できる壁。
最後は水回り。長手方向一杯に北向きのトップライト。
壁、天井の仕上げはモールテックス。床は名古屋モザイクのタイル。
浴槽に浸かり夜空を見上げながら入浴を楽しめる。
奥に見えているが、H型鋼とガラスの納まりに苦労したそうだ。

「吹抜け空間を見上げるとダイナミックなH型鋼の梁の隙間から空が抜ける様子は、首都高の下から空を見上げる感覚と重なります。各階の展示壁にかけられたアート作品が空中に浮かんで見え、展示壁のアートとハイサイド窓からの風景が等価に見えてきます。美術館の中に住まうような日常と非日常の混ざり合う、ここにしかない体験ができる住宅になれば良いと思います。」と永山祐子さん
Plan
Section
【展示壁の家】
設計・監理:永山祐子建築設計/永山祐子、大澤さほり
設計協力:鈴木俊建築設計
構造設計:yAt構造設計事務所
設備設計:Y.M.O.
照明設計:岡安泉照明設計事務所
施工:石間工務店
用途:専用住宅
構造規模:鉄骨造、地上3階建
敷地面積:177.26 ㎡
建築面積:72.00 ㎡
延床面積:168.00 ㎡

Posted by Neoplus Sixten Inc.

このカテゴリ内の他の記事

根津のすみ
4 week ago
弦巻の三角
2 month ago
Villa A
on 2023/11/29
天神町place
on 2023/11/03
Trans AD Project
on 2023/08/23
展示壁のいえ
on 2023/07/21