LEAF

Satoshi Kurosaki / Apollo, Neoplus Sixten Inc.
13. 10月 2019
Photo by Neoplus Sixten.Inc

黒崎敏(APOLLO)による東京都杉並区の住宅「FEAF」。敷地は親族が寄り添うように暮らす土地の一角。
[LEAF House by Satoshi Kurosaki  / APOLLO]

Photo by Neoplus Sixten.Inc

施主からはシンメトリーな構成を求められたことと、周囲のコンテクストに逆らわず切妻とした。
塊感のあるボリュームが重くならないように、1階と2階はガルバリウムの色や面を切り換え、1階に大きなガラス面を持ってきて浮遊感を演出。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

駐車スペースを取るため接道からセットバック。キャンティレバーの玄関ポーチからさらに奥まって玄関扉をレイアウト。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

玄関。ダークで精緻な雰囲気は黒崎さんの得意とするところ。大判のタイルが室内に続いている。ハーフミラーの開口からの光がコントラストを強調した空間に。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

木造でありながらコンクリートの雰囲気にした。奥のハーフミラー越しの採光と、2階からの採光でコントラストが際立つ。
階段下は大容量の収納とトイレ。右手には2室の子ども室(将来二つに分ける)

Photo by Neoplus Sixten.Inc

主寝室。大判タイルはそのまま寝室や、中庭まで連続し1階の雰囲気を統一している。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

中庭にはヒメシャラをシンボルツリーに据えた。玄関ポーチもこちらから明るく見える。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

中庭へは全ての室が面している。 中庭は建蔽率のためにも抜かれた空間ではあるが、温室にも感じられる一つの空間として成立している。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

ホテルライクな浴室。こちらも大判タイルが連続し、壁はFRP防水に。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

2階は雰囲気が大きく変わる。垂木を現しにして、そのまま中庭のルーバーへ等質に連続させているが、棟木と野地板の色を落とすことでより連続性が強調されている。

Photo by Neoplus Sixten.Inc
Photo by Neoplus Sixten.Inc

L字型のワンルーム。奥から手前にリビング、ダイニング、キッチン、右にフリースペース+ミニ書斎、トイレとなる。
計画ではダイニングは右側で、今ダイニングテーブルが置かれている辺りが庭に正対するラウンジスペースだが、子どもがまだ小さいため動線を短くしたレイアウトにしているそうだ。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

クォーツストーンキッチン天板と合わせグレートーンの艶のある空間に。キッチンと造り付けの収納はリネアタラータによる製作。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

既にお住まいのこの家、大きなワンルーム空間に大開口であるが、Low-eガラスとルーバーにより真夏でもエアコン一つで十分だったそうだ。
鴨居にロールスクリーンも備わる。

Photo by Neoplus Sixten.Inc
Photo by Neoplus Sixten.Inc

1階、2階どこからでも中庭からの光を享受でき、ヒメシャラを愛でることができる。

Photo by Neoplus Sixten.Inc

まるでサンルームのようなルーフバルコニーは、アウターリビングとして屋外家具なども置かれ活用する予定。中庭を中心としてプライバシーの確保と採光・開放感を両立、さらにどの室からも中庭を介して家族の気配を互いに感じることができる。

【LEAF】
・設計・監理:黒崎敏/APOLLO一級建築士事務所
・構造設計:正木構造研究所
・主構造:木造
・規模:敷地面積137m2、建築面積68m2、延床面積137m2。2階建て。

おすすめのプロジェクト

BCQ arquitectura barcelona

Joan Maragall Library

このカテゴリ内の他の記事

加藤邸
4 week ago
LEAF
1 month ago
U邸/Y邸
2 month ago
Phase Dance
2 month ago