舞台の家

Rina Chinen
28. 12月 2021
All photos: Neoplus Sixten Inc.

知念里奈/まる・ち設計による国立の住宅「舞台の家」。緑豊かな街の印象をそのまま受け継ぎ、敷地の前面道路側を庭とし、窮屈になりがちな住宅街の立面に大きな間を与えた。知念さんはアメリカの設計事務所や手塚建築研究所で経験を積み2014年に独立。

“Butai House” in Kunitachi by Rina Chinen / Maru・Chi.  Ms. Chinen started her office in 2014 after working at architectural offices in the US and Tezuka Architects. Situated in a lush city suburb, the house positions its garden next to the street, giving a pause in the normally cramped Tokyo neighborhood elevation.

比較的敷地は大きいが、建物はボリュームの大きなものを前面(西)には出さず、植栽も増やしていき、通りを行く人がほっとするような、ちょっとした間をつくりたかったという。
右奥から、玄関へはあえて回り込むような動線とし、所作をもって「家に帰ってくる」行為を無意識に体験してもらいたいため。
By tucking the building volume away from the street, even though the site is relatively large, Chinen hopes to create a little comforting interval in elevation with future greenery for pedestrians.  Through the several turns from the fence to the entrance, the visitor unconsciously experiences the feeling of “coming back home".
そして門扉を開けると庭が広がり、軒下のアプローチを通って玄関へ。写真のような状態であれば、もはや何のために玄関扉から入る意味があるのだろうかと思わせるほど開放的だ。
Behind the fence door, the garden awaits, leading one to covered approach towards the entrance door.  When the windows are all open, it makes the entrance door seem unnecessary.  It is very open.  
庭から、テラスと連続するリビングを家族の営みが賑わう「舞台」として捉えた。
正面のボリュームは納戸。
“Butai” - the Japanese word for theater stage - is expressed here; the continual stage of garden, terrace, and living where family gathers.  The volume in the center of the picture is a storage room.
納戸。ストックや外使いの物を置いたり、キッチンにもつながっているので勝手口のような使い方もできる。子どもが雨で濡れて帰って来たときなどは玄関でなくこちらから室内へ。設計中コロナ禍となり、パソコンを置いてリモートワークにも対応できるようにした。
The storage room.  It is a place to stock commodities and outdoor gears and can be used as an additional entrance since it is connected to the kitchen area.  It serves as an alternate entrance for wet, messy kids.  With Covid-19, it also serves as a remote work space with a built-in foldable desk. 
LDK。正面奥は主寝室。左奥に水回り。2階としてに見える大きな箱は子供室で、壁は天井と切り離されているので、ここから見える居室全てが大きなワンルーム空間と言える。
2階は視覚的に開け閉めできるが、空気や気配は共有いつも共有し合える。
Living, dining and kitchen area.  The far left is the plumbing area.  A large box on the second floor makes up the children's area, but the walls do not extend to the ceiling, therefore the main living volume is perceived as one connected space. 
キッチンには電動のトップライトを2つ開け、採光も通気も十分だ。
There are two operable skylights allowing good lighting and ventilation. 
キッチンからは、リビングや庭にも、まだ小さな子どもに目が届く。
The view from the kitchen.  One can observe the living room, garden, and young children as well. 
キッチンの奥は書斎。時差のある海外とのやり取りもあるため個室を求めたそうだ。窓を開けるとヤマボウシが覗く。
An office behind the kitchen.  It was the client’s request to have a separate office room due to the work with different time zones.  A dogwood tree can be peaked through the window. 
庭を広く欲しいという要望があったわけではないが、子どもたちとリビングを中心に過ごしたいという要望から、そこを中心にキッチン、子供部屋、庭との関係性、そして子どもたちが成長していく姿を想像すると、必然的にリビングに面してテラスがあり、その先に広い庭があるという構成になった。
開口には木サッシュ2枚の引き戸(網戸も)。垂れ壁の梁はスチールのアングルで補強した。
There was not a specific request to make the garden large, but the desire to spend time with children in the living room led to a composition where the living serves as a center of the house. This composition dictated the relationships with the kitchen, children's room and garden etc. The living room is widened by terrace and garden beyond, anticipating the needs of growing children.  The large opening has two sliding windows and screens.  The beam above the opening is reinforced by a steel angle.
天井の最高高さは約5.6m。窓はリモコンで開閉できる。南からの光が一筋入るようにした。
The maximum ceiling height is 5.6m.  Clerestory windows are remotely operable.  A beam of south light enters the space. 
リビング、テラス、庭が大きく連続する様子がよく分かる。
This shows the continuation of the living room, terrace, and garden.
箱が浮いた状態でリビングにせり出しているように感じさせるため柱無しで支えることにこだわった。
2階の箱は木目の強いインテリア用ラーチ合板を使用し、空間のアクセントとした。
No columns are visible and as a result the box appears to be floating in space.  The second floor box is made from interior-use larch plywood, which shows a strong grain pattern and gives an accent to the space.
水回りは比較的コンパクトにまとめた。
The plumbing area is compact.
階段から。2階の箱が軒のように突き出し、大きな気積のリビングを切り取る。
From the stairs.  The second floor box sticks out like an eave and cuts out the living room volume. 
2階子供室の箱の中には、トイレとウォークインクローゼットが収まるもう一つの箱があった。
Inside the second floor children’s room box, there is another box that contains the toilet and the walk-in-closets. 
子供室は将来は二つに分けることができるよう、リビングへの窓も、クローゼットも2つだ。
To be able to divide the children’s room in half, there are two windows to the living room and two closets.  
二部屋に分けられたあと、片側の部屋の光量補うためにもトップライトを設けた。
The skylight is installed to supplement the amount of light in the darker side if the room is divided.  
知念さんが手作りした、革の把手と戸当り。
Chinen made the door stopper and the leather pull-handle by hand. 
完成後、施主の2歳と4歳のお子さんが初めてここを訪れ、歓声を上げながらずっと走り回ってくれそうだ。
After completion, the client’s 2 year old and 4 year old visited the house for the first time, running around and screaming constantly.  
知念里奈さん。「家族が大半の時間を過ごすリビング・ダイニングを高天井の大空間とし、その部屋を中心に庭や諸室が物理的に視覚的に精神的につながる配置としました。緑豊かな学園都市国立の住宅街の印象をそのまま受け継いで前面道路側を庭とし、密集しがちな住宅街の立面に一呼吸できる間を設け、おおらかな家へのアプローチとしています。」
Rina Chinen “The living / dining room where the family spends most of their time is a large open space with a high ceiling.  Considering this room as the center of the house, all the other rooms and garden are placed and connected to this space physically, visually, and mentally.  In keeping with the lush residential area of Kunitachi, a garden faces the street, a long pause in the typically crowded residential elevation, and a relaxing approach to the house is made possible.”  
【舞台の家】
設計監理:まる・ち設計
構造設計監理:オーノJAPAN
照明設計監理:EOS plus 
施工:株式會社山菱工務店

用途:住宅
構造規模:木造2階建て
敷地面積:224.48㎡
建築面積:103.68㎡
延床面積:137.73㎡

【Butai House】
Design: MARU・CHI
Structural Design: Ohno JAPAN
Lighting Design: EOS plus 
Contractor: Sanryo Komuten

Program: Residential
Structure: Wooden Construction
Floor: 2 Floors above Ground
Site Area: 224.48㎡
Bldg. Footprint: 103.68㎡
Overall areas: 137.73㎡

Posted by Neoplus Sixten Inc.

このカテゴリ内の他の記事

上井草の住宅
1 week ago
舞台の家
4 week ago
下馬の集合住宅
1 month ago
SG house
1 month ago
マキさんの住宅
on 2020/09/23
Silver Water Cabin
on 2020/09/10