Projets

Hayato Komatsu Architects

House in Yunagi

Yunagi, 2023

Hayato Komatsu Architects

House in Kudamatsu

Kudamatsu, 2023

高内智紀/TAADS

OMRH

千葉県千葉市, 2023

千葉市の住宅街の中心に位置する立地条件の中、プライバシーに配慮しつつ開放的な空間に居住する憧れを持ったクライアントのための住宅です。 住宅街の中心地のため、外郭を塀で囲うようなつくりとしてプライバシーを確保しつつ、内側に全開放出来るように設計をしました。 中庭を中心に玄関...

高内智紀/TAADS

Reno-SLH

神奈川県横須賀市, 2023

高台に位置するフランス人のためのセカンドハウスです。 昭和後期に建てられたの鉄筋コンクリート造の建物を購入し、スケルトンリノベーションを施しました。 クライアントの要望で、まずは既存家屋の状態を調査・整理することから始めました。既存配管・電線はかなりダメージがあり危ない状...

高内智紀/TAADS

VHV (VILLA HAYAMA VIEW)

神奈川県葉山町, 2022

日本ならではの特徴・この土地が持つポテンシャルを最大限に活かすことを考えながら設計を行った、葉山の崖の上に位置する相模湾・富士山を一望できる邸宅です。 外部空間をうまく取り入れ、建築・ART・自然が一体となることをコンセプトにしています。 建物はArt Déco(アール...

Hayato Komatsu Architects

Oshigome Base

Hiroshima, 2023

Hayato Komatsu Architects

House in Tezukayama

Osaka, 2022

Hayato Komatsu Architects

House in Takasu

Takasu, 2022

Yashima architect and associates

Kamakura Terabun House

Kamakura-City, 2020

Family distance and diverse places to stay As people spend more and more time at home these days, the places in the house are also requir...

STAR/エスティエイアール

Villa A

神奈川県横須賀市, 2023

海景と暮らす 日本のヨット文化発祥の地、葉山。そこからほど近い太平洋を望む場所にVilla Aはある。 私たちは敷地を初めて訪れた際、圧倒的な海の広がりを前に息を呑んだ。そしてその素晴らしい自然環境と関係した、彫刻のようなデザインがここには相応しいと考えた。その象徴が、...

STAR/エスティエイアール

葉山の森に集う家

神奈川県葉山町, 2022

集いの庭・アイデアの浮かぶ家 都市化が進み小さな家が立ち並ぶ海沿いの街に、エアポケットのようにぽっかりと緑豊かなサンクチュアリが残されていました。北にはライトの弟子、遠藤新設計の邸宅が広大な庭の木々の先にみえています。 コロナ禍もあり、クライアントは自宅で仕事ができる環...

STAR/エスティエイアール

MDCE

埼玉県大宮市, 2019

The modern design of classic elegance 豊かな住まいとは、心地よく機能的で節度があり、住人のライフスタイルに相応しくちょっぴり遊び心があるデザインであると思っています。 本来のモダンデザインとは、そうした新しい豊かさの提案だったと思いま...

STAR/エスティエイアール

芦ノ湖の別荘

神奈川県箱根町, 2016

スカイリビング 山の尾根の敷地。そこからの眺望をいかすべくシンプルに1層分上げて空に浮かぶ平屋として計画しました。 国立公園公園内であることもあり、眺望が主役となることからモノトーンを基調とした内装計画としています。建築のデザインから、家具、備品、リネン、アートまで全ての...

相坂研介設計アトリエ

代田の住宅

東京都世田谷区, 2022

光や眺望と個室の独立性を両立したコートハウス 親子3人家族のための住宅。南に道路、北は擁壁の上のアパートから見下ろされる細長い敷地で広さと明るさを最大化すべく、斜線と崖地条例で高さも開口も制限される北端奥を、RC造ならではの自立壁によるライトコートとし、そこへ光を導く勾配...

STAR/エスティエイアール

らせんのいえ

東京都北区, 2016

熟成させる住まい 2000年の自作を16年後に完成度をあげることを目的とし「熟成」という切り口でリノベーションしました。キッチンと照明計画の見直しをおこないましたが、それ以外はほぼ当初のデザインを踏襲、深化させています。素材にあそび、形にあそんだ住宅です。 薩摩中霧島壁...

STAR/エスティエイアール

MA Residence

東京都港区, 2014

インターナショナルギャラリーとしての住まい 大使館や邸宅の点在する南麻布にある、海外で長く生活をされてきたオーナーのライフスタイルに相応しい、「人を招き、もてなす住まい」。祖母が幼少の頃使用したルイ・ヴィトンのトランクや父が赴任先で買い求めたケニアのアートなどを取り入れる...

STAR/エスティエイアール

つづきまのいえ

東京都杉並区, 2012

着慣れた服のようにここちよい和のすまい 日本家屋は、家の中に自然を取り込んできました。また、広がりある開かれたスペースを襖、障子で仕切る続き間という手法で作られてきました。そして、古い材料や建具を上手に転用して、ものを大事にしてきました。 私たちは、この考えに基づいて、光...

ニコ設計室

新さんの家

東京都杉並区, 2018

「街のふりをした住まい」 敷地は住宅密集地であるが、街はのどかな雰囲気である。 たとえば周辺の道路上には堂々と桜の大木が点在し、行き止まりの細い路地も多い。車が進入しにくい代わりに子育てには安心で、人間のスケールを感じるエリアでもある。都会の住宅地では、車を持たないライフ...

土田拓也/no.555 一級建築士事務所

OHM / Pente

神奈川県横浜市, 2022

施主は幼少時代にフランスで自然と常に寄り添う環境の中、伸びやかに育った為に、庭を少しでも持ちたいという思いがあった。 計画地は、丘陵地。 造成によって道路より2mほど上がった部分に宅盤が準備されていた。周辺の家は同じように宅盤に建物を乗せ、道路に接する部分にはコンクリート...

ニコ設計室

木元さんの家

東京, 2020

『植物を育てられるようなサンルームがあって、植物を眺めながら生活できたら最高です』 これは設計の最初にに木元さんがおっしゃった言葉です。 そこでせっかくなので、植物のためのインナーテラスが、道路からの視線を避ける緩衝帯としても作用するような空間を考えました。 平面形状は...

ニコ設計室

鬼丸さんの家

東京都杉並区, 2022

独立したアトリエのある中庭形式の住宅。 近隣商業地域と一種低層住居地域の狭間にある敷地で、 裏面は高いマンションが建つ旗竿敷地。 そこで全体は中庭を囲んだようなコの字のボリューム配置にして、まずはプライバシーを確保するようなイメージを作った。その上で地続きな街との連続感...

荒谷省午建築研究所

北浜のリノベーション

大阪府, 2021

タワーマンションの一室のフルリノベーション。限られた専有部分を可能な限りワンルームとしたプラン。眺望が持つ開放感とシンクロするように、内部にも開放感を持たせるようにしている。プライベートスペースとの区画も最小限の壁を立てるだけとしている。既存の開口部を一部塞ぐことで眺望に意...

荒谷省午建築研究所

摩耶の住宅 Renovation

兵庫県, 2020

築約50年の住宅のリノベーション。親世帯が住む母屋につながる小さな離れを子世帯のためにリノベーションした計画。中廊下の周囲に個室が並ぶ従前のプランから、中廊下を耐震壁となるよう反転させてワンルームとしたプランニング。天井を剥がして小屋組みを見せ、小さいながらも奥行きと広がり...

荒谷省午建築研究所

目神山の住宅

兵庫県, 2019

老朽化した住宅の建替計画。敷地内の前庭やアプローチを残しつつ、様々な内部と外部との関係が生まれるように敷地全体に及んで建物を配している。大小のボリュームが少しずつ雁行しつつレベル差を持って連なり、それらを一筆書きの勾配屋根が覆っている。囲まれた中庭を閉じることなく、別の庭と...

荒谷省午建築研究所

登美ヶ丘の住宅

奈良県, 2017

敷地と道路との高低差を利用して各室をスキップさせ、それらを中央の階段でつないだプランを持つ住宅。それぞれのスペースが独立しながらも大きなワンルーム空間となっている。その階段下には薪ストーブが置かれ、文字通り火を取り囲むようなプランとなっている。

邸宅巣箱 / 早坂直貴+斧田裕太

家型礼讃

神奈川県鎌倉市, 2022

これは家型の力を用いて「住まう意志」を結晶化させた住宅である。 古くから使い尽くされてきた家型。その効用は数え切れない。家型を用いることは、まず町並みに馴染ませるための常套策である。そして雨仕舞の合理性から、山間では特に信頼できる形式である。このように家型は、第一に実務面...

Jun Ishikawa Architect

Ouchi-49

Tokyo, 2022

The conditions were to create a minimalist design inside and out, to be able to park a slightly oversized 4-wheel drive vehicle in front ...

藤原昌彦 / バウムスタイルアーキテクト

田井の家

岡山県玉野市, 2019

数年にわたり豊かな環境を求めて土地探しを行い、この山間の地にたどりついた。 要望としては、この環境を活かした暮らしと、アレルギーを持つ子供がのびのびと暮らせる住まいであった。この山間の自然豊かな環境に溶け込み、風景の一部になるような建築を目指した。 奥行の浅い敷地の為、...

藤原昌彦 / バウムスタイルアーキテクト

高梁の家

岡山県高梁市, 2019

敷地は岡山県高梁市内、備中松山城の城下町の一角であり伝統的な街並みを残した通りからほど近い場所に位置している。 計画前に敷地を訪れると、高梁の街並みを彷彿とさせる立派な蔵や日本庭園、そして控えめな佇まいの平屋建ての住宅が残っていた。クライアントは、この広い敷地を有効に利用...

APOLLO / 黒崎敏

ESPACE

東京都品川区, 2022

敷地は都心エリアの住宅地。北側道路の一角に建つ「ESPACE」は、40代夫婦が暮らす木造2階建ての小住宅である。 互いにライフスタイルのセンスに長けたクライアントは、必要以上にモノを持たないミニマリストでもあり、コンパクトな敷地でもプライバシーに配慮した、広さより広がりのあ...

NKS2 architects

Sky Vessel House

Kanda-town, Fukuoka, 2022

This is a house for a couple living in a suburban residential area. Although the couple's living space was important, they also needed a ...

邸宅巣箱

ポジティブ・イミテーション

神奈川県横須賀市, 2022

イミテーショナルな素材には、「使わざるをえなかった」という弁明が付き纏うのはなぜだろう。圧倒的なクオリティまで昇華した模造品をみるとき、むしろその背後にある製造者の企業努力や技術力が透けてみえて、感動することはないだろうか。イミテーションを素直に肯定することでデザインの可能...

藤原昌彦 / バウムスタイルアーキテクト

御津の家

岡山県岡山市, 2022

岡山市北区に建つ、30代前半の若いご夫婦と一人のお子さんための住宅である。(将来二人目を予定)敷地は、市内中心部から北に位置し少し古い住宅街の一画。近くにはクライアントご主人の実家があり、幼少期の頃から遊び場にもなっていた馴染み深い場所である。敷地からはどの方位でも遠くに緑...

藤原昌彦 / バウムスタイルアーキテクト

関の家

岡山県岡山市, 2020

岡山市内の閑静な住宅街に建つ、家族四人が暮らす住宅である。 敷地は南側道路に面し東西方向に長いため、自然エネルギー(太陽熱)を効率よく享受できるように思えた。 日々忙しく働かれるクライアントが、在宅時に心からくつろげるような美しく、かつ元気な子供たちがのびのびと心地よく過...

藤原昌彦 / バウムスタイルアーキテクト

牛窓の家

2018

定年を機に関東から移住されたご夫婦二人暮らしの住宅。 温暖な気候と災害が少ないという点から岡山県の南西部、瀬戸内市牛窓町に決められた。 敷地は瀬戸内海にほど近い、町の分譲地。 ご夫婦は海外生活が長く、その土地土地で購入された家具や雑貨、絵画をたくさん持たれている。 余生を過...

藤原昌彦 / バウムスタイルアーキテクト

二つ庭の家

岡山県岡山市, 2016

岡山の中心部、大学のキャンパスが近くにある住宅地に建つ住まい。 街中住宅のプライバシーの確保のため、プライベートな庭を囲むL型のセミコートハウスの住まいを考えた。 北側の山々からの緑の連なりを意識し、北側にも庭を配置した。 家のどこに居ても庭を楽しめ、家族の気配が感じられる...

Page 1 of 19 Pages