東玉川の集合住宅

東京, 2020

都心の幹線道路沿いに建つ19戸の集合住宅の計画。 生活においてプライバシーを確保したい場所をボリューム(箱)として、解放したい場所を透過性の高い土間空間(孔)として計画している。孔として位置づけられた土間空間は、外部の都市環境と、建物内部の共用部の両方に対して開かれ、都市環...

大岡山の集合住宅

東京, 2019

商業地と住宅地が混在するエリアに計画された集合住宅。間口が狭く奥行の深い敷地に対して4つのボリュームを南北にずらしながら線状に連ねる構成としている。ずれを利用して、線状のボリュームを貫通するように通り土間を設けることで、敷地奥へと光と風を誘い、鬱屈さと閉塞感から解放された建...

三ツ池の蔵

神奈川, 2018

敷地は、横浜市鶴見区の郊外住宅地にある。大きな敷地の一部に建つ老朽化したガレージ兼蔵であった住宅の離れを、現状の用途に仕事用のスペースを付加した建物として建て替える計画。 敷地は、北に前面道路・東に母屋・南に大きく開けた庭・西に森と、どの方角に対して正面を向けても良いような...

駒岡げんきっず保育園

神奈川, 2018

横浜市鶴見区の郊外住宅地に建つ定員60名の保育園。十分な広さの園庭を確保できない中、敷地が斜面地にあり周囲には雛壇状の街並みが形成されていることから、街並みと呼応するように段状のテラスを園庭と建築とで一体的に構成し、活動領域を立体的に拡張させることで、接地性が高く活動に溢れ...

猿江の住宅

東京, 2017

築30年の集合住宅の内装リノベーション。個室の大きさを必要最小限に抑えることで、家族が皆で過ごすスペースを大きく確保した。部屋の中央に大きなダイニングテーブルをつくり、家族の中心的な居場所としている。

大森の工場付住宅

東京, 2016

大田区の町工場が点在するエリアに建てられた工場付住宅。1階は工場、2.3階は住居部分となっている。建物を傘のような形状で覆い、住宅と工場のアプローチ部分、屋外テラスを一体的に囲い込むことで、街との適度な距離感を生み出している。また、住宅部分と工場部分がこの傘の下で、工場部分...

北千束の集合住宅

東京, 2015

「大学と企業と街が相乗的なサイクルを生み出し発展するようなモデルをつくりたい。」 という依頼主の要望を受けて大学近くの敷地に計画された、オフィス・学生向けのシェアルーム・賃貸住戸・オーナー住戸の複合建築。道路に面してエントランスホールを配置し、街に開放することで、学生用のレ...

学園前の住宅

奈良, 2014

奈良の郊外に建つ住宅。子どもは既に独立し夫婦二人での生活となるとのことから、プライバシーを気にせず、開放的な設えとすることを強く望まれていた。一方で、大きなホールのような開放感は落ち着かないとのことから、空間としては連続性を保ちつつ壁や家具で緩やかに分節する方法を採用した。...