海のコテージ

愛媛県今治市大三島町
Architecten
MARU。architecture
Locatie
愛媛県今治市大三島町
Jaar
2016

みかん栽培と養蜂を営むクライアントの自邸に隣接する、大三島の風土や暮らしを楽しむことのできる滞在型の宿泊施設です。
情報に網羅され、世界中から物資が輸送される今、土地固有の風土や場所性が見直されつつあります。それは風景であったり、コミュニティであったり、簡単に何処か別の場所へ持って行って体験することができないものです。
私たちは大三島の暮らしに触れて、今の時代にこの場所にたつ「現代の民家」をつくりたいと考えました。島の住民は、この土地で安価に手に入れることのできる資源を工夫し、集落の共同関係によって、自らものをつくることに慣れ親しんでいます。ただ古い建物の建ち方を模倣するのではなく、島の現代的な状況の中で、その土地の資源や人と関わりながら建築をつくることが、これからの風土をつくることにつながっていきます。

Gerelateerde projecten

  • Projektwettbewerb Campus Motel NTB
    FELIX PARTNER Architektur und Design
  • Volksschule Maria Grün
    BERKTOLD WEBER Architekten
  • Stereokitchen
    Paul Kaloustian Architect
  • Cyprus New Museum
    Paul Kaloustian Architect
  • Bürobegrünung ERZ Entsorgung + Recycling, Zürich
    Hydroplant

Magazine

Andere projecten van MARU。architecture

間の間の家
愛知県岡崎市
二重窓の集合住宅
東京都大田区
みやこのじょう児童学園
宮崎県都城市
松原市民松原図書館
大阪府松原市
土佐市複合文化施設
高知県土佐市