Editorial

もっと見る
Products

Lighting a Turrell Skyspace

James Turrell's Skyspace Lech opened to the public on 17 September 2018 near the village of Lech am Arlberg in the high mountains…


注目のプロフィール

もっと見る

雑誌

もっと見る
James Turrell's Skyspace Lech opened to the public on 17 September 2018 near the village of Lech am Arlberg in the high mountains of Austria's Vorarlberg province. The largely underground, oval space is open to the sky and...
Jordan Parnass Digital Architecture
Jordan Parnass Digital Architecture has completed the first Certified Passive House project in South Asia, proving that ultra-high-performance efficiency standards are achievable for buildings in any climate.
Itinerant Office's "Past, Present, Future: about being an architect yesterday, today and beyond" consists of interviews with eleven architects heading firms based in Italy and the Netherlands. Here we highlight Kees Kaan, co-founder...

プロフィール

もっと見る
  • Architects
  • 12
    プロジェクト

  • Lighting Designers
  • 7
    プロジェクト

  • Architects
  • 2
    社員
  • 13
    プロジェクト

  • Architects
  • 2
    社員
  • 13
    プロジェクト

  • Architects
  • 3
    社員
  • 16
    プロジェクト

  • Architects
  • 2
    社員
  • 12
    プロジェクト

  • Lighting Designers
  • 20
    社員
  • 15
    プロジェクト

  • Architects
  • 7
    社員
  • 8
    プロジェクト

  • Architects
  • 4
    社員
  • 12
    プロジェクト

  • Architects
  • 15
    プロジェクト

  • Interior Designers
  • 4
    社員
  • 11
    プロジェクト

  • Architects
  • 6
    社員
  • 18
    プロジェクト


レビュー

もっと見る
Pelli Clarke Pelli Architects

Salesforce Transit Center

Nearly a dozen years in the making, Salesforce Tower and its companion Transit Center opened in…


プロジェクト

もっと見る
小堀哲夫建築設計事務所
福井, 2017

共同体を超えた「身体的な他者との体験」をつくる 日華化学は1941年から福井県のこの地に本社を置く、繊維加工用界面活性を中心とした製品や、化粧品、バイオ製品などの化学メーカー. その研究施設を建て替える計画。計画地は住宅が並ぶ都市環境となっている.そのような環境にありながら,「世界から福井へ...
小堀哲夫建築設計事務所
福島, 2015

「過去」と「現在」そして復興へ向けた「未来」 ‘Past’, ‘Present’, and ‘Future’ Towards Reconstruction 南相馬市は2011年の東日本大震災で地震や津波の被害を受けた場所であり、南相馬消防署も被害を受け建て替えを余儀なくされ、震災後の混乱の...
小堀哲夫建築設計事務所
大分, 2015

学びの主体性を建築空間化する。そんなコンセプトにしたのは、生徒達が学ぶという在り方が変わりつつあるからだった。受動的な教えられる学びから、自らの疑問の答えを得るための情報を模索しながら、より多角的に学ぶ姿勢が問われている。新校舎では生徒の主体性を促す「新しい学びの場」をSGホールと名付け、中央...
小堀哲夫建築設計事務所
静岡, 2013

敷地は東京から南西に250km、静岡県浜松市にある自然豊かな場所に位置する。 クライアントは株式会社ROKI。高いフィルトレーション(ろ過)技術を持ち、自動車等のフィルターを製造する企業だ。その創業地である地方都市浜松から世界への発展を目指し、さらなる技術革新を起こすため、「創造を生み出す場」...
aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所
Taito-ku, Tokyo, 2012

台東区谷中、言問通りに面した長屋形式9戸のコーポラティブ住宅。計画前そこには大正期の屋敷が建っていた。戦災による延焼を免れたこの地域の資産とも言えそうな母屋に加え、蔵や石畳、祠や石灯籠、古井戸などには、まるで時間が吸着しているかのように感じられ、それは谷中の町に対して自分が抱く質感そのものだっ...
aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所
東京都渋谷区西原, 2016

12住戸のコーポラティブ集合住宅。敷地は、東京山の手の起伏と緑の多い地域であるため、視線を交わしながら前面道路の桜並木や、隣地の敷地内緑地を手元 に引き寄せることを狙った。住戸タイプは、フラット型7戸、メゾネット型2戸、屋上ペントハウスを含めたトリプレット型3戸である。それらが立体パズルの よ...
Tadashi Saito + atelier NAVE
2017

The site is at entrance of “Uwa culture village”, which is designated as an Important Preservation Districts for Groups of Historic Buildings. We c...
伊藤暁建築設計事務所
神奈川, 2017

横浜の傾斜地に建つ住宅。不整形敷地に合わせて寸法を調整した門型の木造フレームを並べる。その間に回遊動線を計画し、住空間を作り出している。
伊藤暁建築設計事務所
宮城, 2016

仙台市に建つ、ささやかな私設図書館と集会所機能を備えた住宅。生活と集会という異なる状態を両立させるため、日本の民家が持っていた「四つ間取り」という空間形式を援用しつつ、その図式をダブルライン(二重線)で書き直すことによって、冗長性の高い場を作っている。
伊藤暁建築設計事務所
東京, 2016

東京郊外の住宅地に立つ、築42年の戸建住宅のリノベーション。新築時のようにピカピカの状態に戻すことではなく、時間の経過とともにさらに手を入れられ、動き続け、育まれていく、「unfinished」な状態を目指した。
伊藤暁建築設計事務所
茨城, 2016

建て主の生家の一角に建っていた築90年ほどの蔵を解体・移築し、住宅として新築する計画。蔵の古材の他にも、保管されていた古い建具や建材などを有効的に再利用し、蔵という閉じた建物を住宅という開放性のある建物として組み立て直している。
伊藤暁建築設計事務所
徳島, 2015

神山町における宿泊施設。山、川、集落、空など、この町の風景を形作る要素を一望できる計画地だったため、その環境の中に放り出されたような客室を持つ宿として計画している。木造建築特有の筋交いや耐震壁によって眺望を妨げないよう、350Φの丸太柱を用いたラーメン構造とし、柱材は町内の山林から伐採した。