プロジェクト

環境計画スタジオ

しまなみビーチパーク "渚の交番"

広島, 2021

尾道から快速船で20分あまり、因島大橋のたもとに"しまなみビーチテラス"が誕生します。市営アメニティ公園内、ワンフロア100坪ほどの木造建築ですが、シェアラウンジを中心に、開架図書・ギャラリー・メンバーズカフェを機能的にまとめました。日本財団の「渚の交番」事業は海洋教育・海...

遠藤克彦建築研究所

KYOTOGRAPHIE2020 京都国際写真祭 「一光諸影」Wing Shya

京都, 2020

"江戸時代より問屋街として栄えた京都室町通にある創業280年を超える帯匠の老舗「誉田屋源兵衛《竹院の間》」を会場に、ウィン・シャの叙情的な作品を、会場の風景に重ねながら鑑賞できるデザインを提示しています。 艶やかな物語性を持つ、引き込まれるような影の暗部が印象的な作品群を「...

小堀哲夫建築設計事務所

クスリのアオキ本社

石川県白山市, 2019

自然を感じられるコミュニケーションコア 石川県白山市を拠点にする「クスリのアオキ」の新本社の計画である。クライアントが、将来の企業の成長に柔軟に対応でき、社員一人ひとりの顔が見える環境を求めたことから、「ビッグプレートオフィス」の提案を行った。 70m×48m、ワンフロア...

田井勝馬建築設計工房

山手の家T邸

神奈川県横浜市, 2019

敷地は、横浜山手の尾根に近い南斜面の一角に位置します。周囲には学校や史跡が点在する良好な環境が広がる閑静な住宅地。この旗竿形状の敷地には、南斜面を形成する4.6mの擁壁が北面に存在し、東面には1.3m程下がった隣地が続いています。周辺環境として北面に擁壁、西・南面には隣地住...

PLATdesign

尼崎パーキングエリア

兵庫県尼崎市, 2019

阪神高速3号線・神戸線上りの高架上にあるパーキングエリア。 およそ270mに及ぶ緑のスクリーンの実現と、高架上での良好な植栽基盤の確保による緑の充実を目指した。細長い敷地に沿う緑のスクリーンは、駐車スペースに面するエリアや建物の背後にあり室内から間近に見られるエリア、また...

納谷建築設計事務所

楢山の住宅

秋田県秋田市, 2019

山﨑健太郎デザインワークショップ

SPA&HOTEL水春

京都, 2018

クライアントは、これまで多くの温浴施設を展開されてきており、今回の計画では、主要事業である温浴機能に、スパやフィットネス、レストラン、ホテル事業を加えた初の複合施設の計画である。私たちは、デザインアーキテクトとして参画し、従来の温浴施設の主目的である癒しを楽しむ施設から、日...

シーラカンスアンドアソシエイツ

釜石市立釜石東中学校・鵜住居小学校・鵜住居幼稚園・釜石市鵜住居児童館

岩手県釜石市, 2017

被災地の復興はまだまだ道半ばという事実を、鵜住居の現場に行くたびに感じ、我々を含めた被災していない人々の日常生活とのギャップを実感する日々であった。津波によって街のほとんどが流されてしまった土地に於いて、建築に何が可能なのか。 新たなまちをつくるための道路の付け替えや土地...

シーラカンスアンドアソシエイツ

京都外国語大学新4号館

京都府京都市, 2017

JR京都駅から北西に車で約10分。四条通と葛野大路通りの交差点にある京都外国語大学キャンパス。限られたキャンパス内に12棟の校舎と行動が建て込んだ状態になっているが、旧耐震基準で建てられたものばかりだった。そこで、キャンパスの中心にあり、老朽化が最も進んでいた「旧4号館」を...

シーラカンスアンドアソシエイツ

渋谷ストリーム

東京都渋谷区, 2018

東急東横線渋谷駅跡地。東横線の始発・終着駅であった場所であり、美しいカーブを描く軌道とホーム、そして、かまぼこ屋根の大らかな風景が多くの人々の記憶に刻まれている。 日常的に慣れ親しんできた記憶を継承し、この場所が持つポテンシャルを未来へつなげること。渋谷の持つ界隈性やスト...

シーラカンスアンドアソシエイツ

山元町役場

宮城県亘理郡山元町, 2019

東日本大震災で甚大な被害を受けた山元町役場庁舎の新築復旧のプロジェクトである。 山元町は、敷地は宮城県の東南端にあり、太平洋に面し、水田の広がる低地(東)と、山側(西)に大きく分かれている。庁舎は、ほぼそれらの中心に建ち、庁舎の建つ敷地は中央公民館、歴史民俗資料館、ふるさと...

シーラカンスアンドアソシエイツ

加東市立加東みらいこども園

兵庫県加東市, 2019

子どもたちの領域を守りながら開く加東みらいこども園 この建物は、兵庫県加東市の旧嬉野公民研修所跡地に新設された、幼保連携型の認定こども園である。約10,000㎡の敷地を生かした大きな園庭が欲しいという要望を踏まえ、建築を4つの領域に整理して、大きな園庭を細長い4棟の平屋で囲...

シーラカンスアンドアソシエイツ

豊田市役所藤岡支所・豊田市藤岡交流館

愛知県豊田市, 2019

敷地内にバスターミナルも設けた支所と交流館の合築で、木造と鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造の混構造による2階建ての建築である。 豊田市に28館ある交流館は、全館共通の貸室(有料)と図書コーナーなどの共用部に、地域色の濃い空間を加えた構成が標準で、地域の事情に応じて、他の施設と...

WhO

LivingAnywhere Commons/COLLABORATIONS

2020年夏、伊豆下田で開催された「第1回 LOCAL WALLPAPER DESIGN CAMP」で生まれ、最優秀となったMasashi KONDOによるデザインの壁紙。 場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら...

エイバンバ

鎌倉の和食店

神奈川県鎌倉市, 2017

鎌倉の若宮大路から住宅街を抜ける細い路地に面した一軒家を和食店にコンバージョンしたプロジェクト。 路地がそのまま玄関から建物の中を抜け、奥の庭に至る構成とすることで、鎌倉の持つ雰囲気が連続して建物の中も入り込んでくることを意識しています。 意匠abanba ランドスケープ...

エイバンバ

成瀬の家 町田のオフグリッドハウス

東京都町田市, 2016

東京都町田市に建つ夫婦2人のための住宅です。電力網に接続せず、太陽光発電パネルによって、電気を自給自足する「オフグリッドハウス」として計画しました。 同じ時期に計画が進んでいた、小高町の家(横浜のオフグリッドハウス)では、キャンプのような屋外生活の延長にある、少し特殊なライ...

APOLLO / 黒崎敏

UMBER

千葉県、大網白里市, 2018

母の家に隣接する敷地を利用して作られた息子夫婦の家であり、母は自宅と息子夫婦の家を行き来しながら、好きな場所で過ごすことができる、新しいかたちの二世帯住宅。 シンプルな外観は黒いガルバリウム鋼鈑で覆われ、ノスタルジーを感じる路地奥のようなアプローチから玄関を入るとまず現れ...

APOLLO / 黒崎敏

JEWEL

東京, 2018

東京の住宅街の小さな旗竿敷地に建つまさに「東京らしい」都市住宅といえる。夫婦と子供が3人で暮らす住宅のテーマは「ミニマム」。限られた空間ボリュームをシンプルかつ、いかに美しく見せることができるかがポイントになった。 アプローチ階段の先にある建物のファサードは細長い路地の印...

納谷建築設計事務所

東峰村ゲストハウス あんたげ

Fukuoka, 2020

福岡県東峰村で2018年に開催されたこのコンペは、古民家を宿泊施設にリノベーションし、高齢化による農地(棚田)や景観の保全をしながら竹地区に新しい仕事を創出しようという試みである。 既存の古民家は、棚田の中で増築を繰り返えしていた。我々は、この古民家を本来の姿に戻しつつ、...

石川淳建築設計事務所

OUCHI-46

栃木県佐野市, 2020

三角中庭親子の家 間口10m奥行き60mの大きな敷地には既に2.5世帯で暮らす母屋があり、その敷地の一部を分筆して母と娘と2人で住むための家を作るご依頼です。三角屋根のミニマルデザインの家をご希望して、メーカーなどを探していたところ、住宅相談会で石川事務所の作品写真に目が...

山﨑健太郎デザインワークショップ

熱海の茶房

静岡県熱海市, 2019

計画は60㎡ほどの小さな建築で、仕事をリタイアしたご夫婦が営む茶房である。 敷地は、来宮神社から急な坂を登ってしばらくのところにある。斜面地を敷地分だけ削り取られ、その環境は暴力的に感じられた。しかしながら、奥行きの長い敷地には、奥に向かってわずかに勾配があったり、敷地に沿...

WhO

日本橋高島屋S.C.本館 ショーウィンドウ「コロナウィルスの危機を克服しよう」

東京都中央区, 2020

日本橋高島屋S.C.本館正面ウィンドウにて、「コロナウィルスの危機を克服しよう」キャンペーンに、WhOの「CREATORS」シリーズより6点を採用いただきました。 2020年9月9日(水)~11月17日(火)まで展示。 (東京都中央区日本橋2丁目4-1) 採用いただい...

WhO

RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)/COLLABORATIONS

デザインとクラフトなどの創造を通して、障がい者の自立支援を行うデザインブランド「RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)」とのコラボレーションによる壁紙11柄15点をリリース。 クリエイター(障がい者)が生み出す作品を販売し、利益を還元することによって自立支援を行...

株式会社 GEN INOUE

山のセカンドハウス

神奈川県足柄上郡, 2017

多様に変化する環境にあわせて居場所を選び、様々な空間体験ができるセカンドハウス ベッドやソファなどの固定的な家具は置かず、7本のレーンの素材、光の量やプロポーションに変化をもたせ空間の質の差異を演出しています。この空間の質の差異と時間の流れで変化する光や季節の移り変わりで変...

マウントフジアーキテクツスタジオ

傘の家

静岡県, 2016

“傘”という、おおらかな形式 東海地方の小さな住宅地、その最奧に敷地はある。背後には樹高20mを優に越える主に落葉広葉樹からなる森林公園が広がり、これに守られるようにして、南には長年丹精されてきた陽だまりの庭が抱かれている。40年来の近所付き合いは、鍵をかける必要もないほ...

マウントフジアーキテクツスタジオ

道の駅ましこ

栃木県益子町, 2016

風景の建築 栃木県益子町は陶芸に代表される民藝運動で知られている。その南部地域に道の駅を計画するということで、何度もこの地域を訪れた。敷地周囲には延々と田園や畑が広がり、常にその背後には穏やかな低山が取り巻くように連なっていて世界を他から区画している。そもそも地域振興施設...

松山将勝/松山建築設計室

オリーブの樹

佐賀県伊万里市, 2018

背後の竹林と調和する外観。木製ルーバーにより、内外を優しく連続させる。 2019年 佐賀の木・家賞

WhO

look.

「look.」シリーズ、2020年ラインナップ追加 写実的なグラフィックや多彩なパターン、アーティストを起用したコレクションなど、感性に訴えるドラマティックなデザインの「look.」シリーズ。 箔やペイントによるアーティスティックなデザイン12柄14点を追加。ダイナミック...

前田紀貞アトリエ

ENISHI resort villa

ポンフー(澎湖県), 台湾, 2018

台湾 澎湖(ポンフー)島のリゾートホテル コロンビア大学のProxy NYが脳波と建築に関するリサーチを進めている。その研究プロセスに従って実施に向けて進められているプロジェクト。 最初に1枚の「バスケットボール」の写真を見せておき、その後、高速度で入れ替わる1...

保坂猛建築都市設計事務所

日本基督教団 鎌倉雪ノ下教会 教会墓地

神奈川県, 2020

「十字架の背後にいつも私は甦りの光を見ている」 鎌倉雪ノ下教会の墓地の設計コンセプトは、十字架の向こう側にある復活の輝きすなわち復活の栄光の輝きに包まれた十字架を感じることである。このコンセプトを墓地全体に響き渡らせる墓碑として、十字架の背後に空(天)があり、空からの...

小堀哲夫建築設計事務所

梅光学院大学-The Learning Station CROSSLIGHT

山口県下関市, 2019

“都市の延長である三次元網目構造” 梅光学院大学新校舎「The Learning Station CROSSLIGHT」は、学生が世界で活躍できる人材となるべく、”考える力”“生きる力”が培われる場を目指している。山口県下関市のキャンパスは、襞状の複雑な地形に道路が入り組む...

WhO

佐々木 愛/CREATORS

コロナ渦での外出自粛やステイホームの影響により、室内で過ごす時間が増えた今、クリエイターが考える理想の空間とは。美術作家・佐々木愛が、「旅」をテーマに3柄の壁紙をデザイン。家にいても旅の空気を感じ、想像力を養えるスペシャルなラインナップとなりました。 https://who...

小山光/Key Operation Inc.

不動前の空地

東京, 2020

間口が狭く、奥行きの深い敷地 目黒不動尊の門前にある小さな商店街に面した敷地に計画された5階建ての14戸からなる賃貸集合住宅。東京都内の、間口が狭く、奥行きの深い敷地に、小さい賃貸住戸を効率よくレイアウトする際に設計者が頭を悩ませるのは、敷地の奥側の住戸の窓先空地の取り方で...

佐々木龍一/佐々木設計事務所

DAITA PROJECT

Tokyo, 2018

東京の西部、世田谷区代田に位置する幹線道路から一歩入った閑静な住宅地に建つ、16戸からなる賃貸の集合住宅である。 敷地は、L字型の屋敷森が点在する丘陵地にある。 配置計画は、屋敷森の様にL字型の空間を設け、植栽などで取り囲むように計画した。 丘陵地の坂道に面する敷地に3つの...

廣部剛司建築研究所

岡崎の曲屋

愛知県岡崎市, 2015

「大きな芝生の中庭がほしい」 この住宅は、そこからプランニングが始まっています。 敷地は愛知県岡崎市の郊外。 斜面を徐々に開いて、風致地区のかかる低層住居地区が形成されて いる場所です。ここは元々一つの区画だった場所を東西に2分割さ れてできた敷地て...

遠藤克彦建築研究所

八ヶ岳の家

長野, 2008

八ヶ岳の麓、標高 1700mの別荘地にこの建物は計画されました。敷地は東南東に向かって緩やかな傾斜で下っており、周囲一帯は白樺林と笹で覆われ、別荘地であるにも関わらず鬱蒼とした環境です。建物はいくつもの直方体を重ねたりずらしたりしながら、傾斜に沿って敷地の奥へとデザインされ...

ページ 1 of 49 ページ