プロジェクト

IKDS

湖のホテル リノベーション

山梨県富士河口湖町, 2017

河口湖をのぞむ山の斜面に位置する湖の(みずの)ホテル、施設の老朽化を刷新した大規模リノベーション。既存建物で法適合性に欠ける部分は減築し、温かみのあるテイストを踏襲しつつ新たな空間要素を加えた。 低層マンションのインテリア改修。空と緑を感じつつ、周辺建物に対する徹底的な視...

長崎辰哉/アトリエハレトケ

窓縁の家

神奈川県横浜市, 2011

「段差で実現する暮らしやすさ」 桜並木で有名な河畔に建つ老夫婦のための住処。 旗竿型の変形敷地を活かした建物配置により、表の桜並木に面したアプローチと奥まったプライベートガーデンという二つの屋外空間を生み出している。 現代的で快適な暮らしと共に、①「トオリニワ」「エンガ...

長崎辰哉/アトリエハレトケ

結城の大きな屋根

茨城県結城市, 2010

「重層する風景に浮かぶ大きな屋根」 地方都市の郊外に計画された鉄筋コンクリート造の住宅。 個性あふれる居室群の上に浮かぶように一枚の大きな屋根が架けられており、2mに及ぶ軒の出が住み手と街に対してシンボルとしての「深い影」を落としながら、内外に重層する素材感の異なる生活風...

長崎辰哉/アトリエハレトケ

海辺のブーメラン

千葉県いすみ市, 2008

「海と空を満喫するワンルーム」 太平洋に面した最高の眺望を独占する敷地。そこに建つことの豊かさを最小限の操作で最大限に引き出す事を目指した。 「く」の字に折れた平面に、片流れ屋根を掛けただけの単純な構成だが、その相互作用が屋内にも屋外にも変化に富んだ豊かな居場所を生み出す...

IKDS

台北駅地区再開発・桃園空港線 台北駅 (A1station)

台湾台北市, 2017

2017年3月に開通した台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶ桃園空港線 (MRT)、台北駅 (A1station) 商業・オフィス・ホテルの複合超高層建築計画に先行して計画された、空港線地下駅のデザインを担当した。 ・槇文彦+槇総合計画事務所(再開発計画マスターアーキテク...

長崎辰哉/アトリエハレトケ

京の四つ屋根

京都府京都市, 2012

「街並みを描き出す四枚の屋根」 円通寺と比叡山に挟まれた閑静な住宅街に建つ木造住宅。 東山魁夷が描いた京洛四季「歳暮る」に触発され、建築であると同時に街並みでもあるような風景を屋根によって描き出すことを目指した。 軸線をずらしながら敷地に浮かぶ四枚の屋根の下には、様々な...

長崎辰哉/アトリエハレトケ

結城の白い屋根

茨城県結城市, 2017

「白い皮膜に抱かれた木箱」 化粧品容器の開発・設計・製造を手がける企業の本社。安定した光・温熱環境と執務空間としての快適性が求められた。 事務管理室を中心に機能空間が同心円状に広がる平面計画で、最外縁部に屋根と壁で囲われたポルティコ(半屋外空間)が設けられており、たっぷ...

長崎辰哉/アトリエハレトケ

宙庭(そらにわ)の家

東京都武蔵野市, 2018

「暮らしを街へとつなぐ空中の庭」 副都心から電車で20分ほどのベッドタウン。駅前から徒歩で15分ほどの住宅地に建つ5人家族の住まい。一階には玄関と水回りと個室群が並び、家族が集う居場所は二階へと持ち上げられている。 二階は北に対して大きく開かれており、住み手は大窓を開け放...

石井大五+フューチャースケープ 建築設計事務所

島の消防署

香川県観音寺市伊吹島, 2016

瀬戸内海の離島、伊吹島につくられた消防署兼総合防災センター。 「消防車庫」と消防隊員が待機し、災害時の避難所となる「待機室・避難室」、そして、屋上の「火の見櫓・展望台」から成る。 新しい建築が、瀬戸内海の伝統的な景観を残す集落に立つにあたり、その景観の中から突出せず...

中佐昭夫/ ナフ・アーキテクト&デザイン

House Connected by Courtyard

東京都, 2020

吹き抜け高さ3階分、広さ16畳のガラス張りの中庭を持つ住宅。部屋同士はその中庭を介してガラス越しで視覚的に接続していて、家族が互いの気配を立体的に感じられる構成だ。中庭には3階まで届く落葉の高木を低木や下草とともに設えてあり、雨を屋根で集めて灌水できるように4本の鎖樋を吊り...

納谷建築設計事務所

渋谷のアパートメント

東京都渋谷区, 2020

納谷建築設計事務所

恵比寿の長屋

東京都渋谷区, 2019

山縣洋建築設計事務所

MK

東京都目黒区, 2020

ご夫婦とお子さん2人の4人家族のための住まい。敷地はなだらかな南斜面にある閑静な住宅地にあり、道路沿いは緑が豊かな街並み。 もとの区画を2分割した間口の狭い奥行のある形状のため、道路側の南側部分と敷地の奥の北側部分で環境的な落差をなくすよう、大きな1つの庭ではなく3つの等価...

荒谷省午建築研究所

高槻の住宅

大阪府高槻市, 2016

1970年代に開発された郊外分譲住宅地での建て替えである。当時の住宅が周囲にまだ多く残ることから、屋根形状や外壁の色等、立ち姿としてはその意匠性を踏襲している。 周囲の住宅を見てみると、法的な制約である1mの壁面後退がつくる敷地の余白は、設備機器や物置などのための、ただの...

石井大五+フューチャースケープ 建築設計事務所

市川のリノベーション

千葉県市川市, 2013

築32年の2世帯住宅の改修。1階は祖母のスペース、2階は若夫婦と子供二人のスペースとなっている。法的条件のため、一部開口部を除き、外壁、構造はいじっていない。 「流れ」 改修前は、内廊下を挟んで、両側に部屋が取り付き、各部屋は、廊下に閉じ、家の奥行が深いため、中央は...

エイバンバ

喜代多旅館

富山県富山市, 2019

富山県富山市内に建つ創業七十年の和風旅館のリノベーション。 富山市の中心部の歓楽街の外れに立つ喜代多旅館は、宿泊施設としてだけでなく、さまざまなお祝い事の宴会や会合などにも用いられてきました。 現在のオーナーである三代目女将は、そうした地元の人も集まる地域の旅館としての機能...

ニジアーキテクツ

扉の家

東京都目黒区, 2017

【扉を開き、招き入れる】 扉を開けた時にふわっと風や光が入り込んでくる感覚を建築で表現したいと考えた。 敷地はデベロッパーによって元々旗竿形状であった土地をさらに細かく分筆して生まれた74㎡の極めて狭小の都市型敷地である。旗竿形状の中の旗竿形状となっており、道路から奥まった...

ニジアーキテクツ

連箱の家

神奈川県逗子市, 2016

神奈川県逗子市の住宅地にある扇形をした変形敷地に建つ家族4人(夫婦+子2人)のための住宅です。 ご夫婦は共にインテリアデザイナーであり、オフの時間にはインドアからアウトドアまで様々な生活のシーンを楽しむ方法をご存知のご家族です。 いつも家族の顔が見え、逗子という環境に馴染み...

ニジアーキテクツ

窓のオフィス

埼玉県さいたま市, 2016

オージー技研埼玉支店の事務所・ショールーム・倉庫 医療機器メーカーのための埼玉における営業拠点の計画である。クライアントはその業界においてパイオニア的な存在ながらも、同業他社の増加に伴い、従来の対業界内部からエンドユーザーへの認知拡大へと舵をとりつつあった。今回の計画におい...

ニジアーキテクツ

鷹番の長屋

東京都目黒区, 2014

建坪が10坪という都内市街地の狭小地に建つ2住戸3階建ての賃貸長屋。 北側斜線と道路斜線から生まれた家型ボリュームに、平面上にS字の界壁を設け東西に住戸を分ける。2つの住戸は平面的に点対称の関係となっており、中に入ると全てが同じ間取りとなっている。 界壁を斜めに配置するこ...

ニジアーキテクツ

LGS HOUSE #01 /ボーダーの家

東京都江戸川区, 2014

「木造のようにつくる鉄骨造の家」 軽量鉄骨部材であるC形鋼は、軽く、運搬がしやすい上に、加工が容易である。 このプロジェクトは、その特性を活かし、C形鋼を木造のように加工し、組み立てた 住宅である。 工場においては、C形鋼を切断したものに穴をあけ、個別にジョイント金物を...

ニジアーキテクツ

牛窓の食堂

岡山県瀬戸内市, 2013

「日本のエーゲ海」と呼ばれる牛窓の海に程近いその敷地は、瀬戸内海からの風が心地よいのどかな場所にある。 そこに、地元の建設会社の社員食堂でもあり、地域の人々が気軽に利用できる、町の食堂を計画した。 地域の人々に親しまれる食堂となるよう、町の食堂としての役割を前面に押し出...

LEVEL Architects

葉山の住宅

神奈川県葉山町, 2017

葉山の景勝地として有名な、森戸海岸にある住宅です。 道路(海岸)に向かってななめに開くラッパのような敷地形状を生かした、3層+屋上の空間を計画しました。 この建物にはワークスペース、ヨガスペース、週末の住宅スペースと、ふつうの住宅にはない用途がメインの要素として含まれて...

松山将勝/松山建築設計室

5層のワンルーム住居

福岡県宗像市, 2016

計画地は崖地という立地条件から未開発のまま取り残されていた土地で、かつては長閑な田園風景だったこの場所も、近年住宅群へと徐々に都市化の様相を見せている。 ご家族の要望は、互いの気配を常に感じられる暮らしと、一方で適度な距離を置くことに順応できる住宅であった。 計画は元々...

ニコ設計室

下屋根のスタジアム

佐賀県, 2019

下屋根のスタジアムは、佐賀県佐北部の賀市大和町に計画した住宅。平面形状は、東西に長いメインボリュームに対してサブボリュームが取り付く十字形をしており、その事で、パブリックなスペースと生活を支えるブライベートスペースの領域を作り出している。 動線は、十字プランの中央に位置す...

Helin & Co Architects

Metsä Pavilion

Tokyo, 2020

Helin & Co Architects has designed a wooden Metsä pavilion in Tokyo on the site of the Finnish Embassy in Japan, which is centrally l...

APOLLO / 黒崎敏

ORTHO

関東, 2020

家族と一緒に充実したオフタイムを過ごすための場所として新たに購入した敷地は、ひな壇形状の変形地。クライアントは中庭のある生活を希望していたため、特徴的な地形と段差を利用した住宅になった。 外観の特徴は、2つの大きなコンクリートのボリュームがずれながら重なる、杉板型枠RC打...

APOLLO / 黒崎敏

COVER

東京都府中市, 2018

メタリックグレーのガルバリウム鋼板の屋根と外壁がモノコックな外観をつくりだしながら、生活者のプライバシーを確保し、道路面からは1階での生活の様子を窺うことはできない。屋根面に開けられた大きな開口からは室内に十分な光が降り注ぎ、コンパクトな空間の解放感を増幅させている。 1...

WhO

WhO Interior Sheet

オフィス、商業施設、大型複合ビル、ホテルなどの壁面はもちろん、扉、ドア枠、家具、建具、スチールパーティションや鉄扉などの”金属下地”にも対応した粘着剤付 塩ビシートマテリアル「WhO Interior Sheet」。 ビニルクロスよりも耐擦過性に優れ、複合ビルのエントラン...

添田建築アトリエ/添田貴之

Huerto

神奈川県川崎市, 2014

一般に、集合住宅は専有部と共用部の 2 種類のエリアに区分され、共用廊下 - 住戸 - バルコニーの順に並ぶ図式で表現できる。入居者同士のプラバシーを守るうえでは合理的で効率よく住戸をおさめることができるが、ごくシンプルに分けられたこのダイアグラムのようなプランが連続した状...

添田建築アトリエ/添田貴之

APDC

東京都太田区, 2018

敷地は都内の閑静な住宅街で、坂の途中に位置している。傾斜のある道路に沿って高さ1.2m〜2.0m程の石垣がたち、その上を地盤面として既存の木造アパートが建っていた。これを建て替えるにあたり、長くこの一画に住んでいたオーナーは石垣を残すことと、新たに建つ建物の外壁は白であるこ...

添田建築アトリエ/添田貴之

PLAGE

神奈川県川崎市, 2020

3代に渡りこの地で工務店を営んできた工務店の建て替えである。天井高の高い平屋建ての既存建物はこの場所で多くの人々の記憶に存していたと思われ、その高い天井高を1階の工務店の機能に継承した。その結果2階が周辺建物より高いレベルに位置づけられ、道路との距離も大きくなる。プライバシ...

添田建築アトリエ/添田貴之

T-apartment

神奈川県川崎市, 2010

敷地は住宅・賃貸マンション・小規模の工場などが混在したエリアである。間口約7.5m×奥行き約22mの東西に細長い敷地で、東面のみが接道し、他の3方は隣地建物に囲まれている。 敷地の長手方向に建築面積が許容される最大の面積で木造の3つのボリュームを並べ、それぞれに各住戸への...

添田建築アトリエ/添田貴之

宇都宮の住宅1

栃木県宇都宮市, 2010

敷地は地方都市の住宅地。北側に4m道路が接道し、隣地三方には2階建ての住宅が隣接している。南側の2つの隣地の建物の間に出来た空地は、計画地のほぼ中央に位置し、唯一南面からの採光が期待出来る環境だ。 直射日光が得られる敷地の中央に3層吹抜けの土間を配置し、大きな開口を設け、...

添田建築アトリエ/添田貴之

和食 了寛

栃木県宇都宮市, 2007

地方都市の一画に、大谷石積みの数軒の蔵が約30年前に建てられ、軒高や高さ、工法、素材が統一されたこの建物群は、各々が同じ時間を経て現在でもまとまった雰囲気を保っている。当初は味噌屋の倉庫として、その後製薬会社の社屋として使用され、その中の一つの倉庫を和食店鋪に改装するプロジ...

柿沼守利研究室

亀の井別荘

大分県湯布院町, 2015

2015年から10年計画で継続する旅館のリノベーション。

ページ 3 of 48 ページ