プロジェクト

長崎剛志/N-tree

「石と種」展

東京, 2016

庭園美術家の長崎剛志は、石と木によって生みだされる庭の仕事から得た着想をもとに、2005~2007 年個展「Seeds(種)」シリーズを開催してきました。 今展覧会は庭の最小単位「一石一木」がテーマとなります。 「Seeds」シリーズの続編ともいえる本展覧会は、石や...

長崎剛志/N-tree

集の庭

埼玉, 2016

 いろんな人が、いろんな時間が、いろんな形が、いろんな色が集まる庭。障害者施設である工房『集』の庭には、そんな思いが込められている。  この庭の計画は建物と敷地を人に見立て、命を持った生きている庭をイメージすることから始まった。図面一枚、ドローイング一枚のみであったが...

エマニュエル・ムホー アーキテクチャー + デザイン

BAO BAO ISSEY MIYAKE / 虹のモアレ

青山、銀座、丸の内など, 2018

BAO BAO ISSEY MIYAKEの新作トートバッグ「MISTY MOON」のウィンドウデザイン手掛け、「虹のモアレ」と名付けたインスタレーションを展開。バッグが放つ独特の透け感と浮遊感と呼応するように、色の繊細さを最大限に魅せるデザインを掛け合わせた。 細かな三角の...

エマニュエル・ムホー アーキテクチャー + デザイン

1000色の波

愛媛県今治市 今治市公会堂, 2019

上質なタオルの産地として名高い愛媛県今治市には、優れた染色技術を有する染色工場が多く集っている。その染色技術を紹介する展覧会「IMABARI Color Show 2019」のために、インスタレーションを発表した。2017~18年(スパイラル ガーデン、今治市みなと交流セン...

長崎剛志/N-tree

Seeds

東京, 2005

方眼紙に庭の図面を描くような気持ちで鉛筆を動かしていたら、庭の仕事の中で見てきたいろいろな形が抽象化されて出てきた。具体的な仕事の内容は、根巻き作業のときである。移植をするために行うその作業は木を知るための一番大事な作業と思っている。 地面より上の木葉の量を意...

アカサカシンイチロウアトリエ

スノースケープモエレⅣ

北海道, 2009

札幌市にあるモエレ沼公園(彫刻家イサム・ノグチ設計)を会場に、国内外の様々なアーティストが参加して開催されてきた冬のアートイベント「スノースケープ モエレ(SSM)」。4回目の開催となる2009年冬、アカサカシンイチロウアトリエもこのイベントにはじめて参加することになった。...

Teuffel Engineering Consultants

Skulptur „Poly Stella“

Tokio, 2009

Ein Polyhedron gilt als Modell von natürlich gewachsenen Organisationsformen in der Natur. Auf einem öffentlichen Platz in Tokio wurde di...

ページ 1 of 1 ページ