御器所の住宅

愛知
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
写真 © 上田宏
建築家
諸江一紀建築設計事務所
場所
愛知
2012

敷地は名古屋市中心部から少し離れた幹線道路沿いにあり、周辺には事務所や店舗、住宅、駐車場などさまざまな規模・用途の施設が混在する。 敷地形状は間口約5.5m、奥行約25mと東西に長く、いわゆるうなぎの寝床である。
 
現在、敷地南側は駐車場のため採光がのぞめるが、将来は高層ビルが建つ可能性がある。 そこで南面の開口部は大きく取らず、トップライトやテラスから光と風を導いた。
 
敷地の細長さを活かせるよう短辺方向には極力壁を設けていない。 代わりに「ガラスの筒」や「コーナーレスサッシ」など様相の異なる光によって空間をやわらかく間仕切っている。
 
ガレージから3層分上へ伸びるガラスの筒は排煙装置として機能し、将来EVを設置できるスペースともなっている。 ここではガラスの透過性よりも反射性に着目し、光を貯める虚の大黒柱のような役割を与えた。
 
リビングに面するテラスにはアルミ製吊りサッシを採用した。 コーナーの方立がなく、二面とも開け放つと内部と連続する一体空間となる。 浴室やポーチとの境も引き込みサッシとした。 各サッシの開閉状態の組み合わせは数多く、さまざまな場面に対応できる。 ポーチのサッシとリビング吹抜のトップライトを開放すると、南東からの卓越風が心地良く流れる。
 
また、部屋ごとに長手方向の壁の仕上材や色が違い、光のまわり方を変えている。 その場に居るときは変化を楽しめるが、ひとたび部屋を出て離れると奥行きの深さが効き、見える面積が小さくなる。 そのため住宅全体の統一感は損なわれない。
 
1階のガレージはキャンピングカーを駐車できるように約3mの天井高を確保している。 その高さを利用してスキップフロアの構成とした。 見通しの効く視線は水平方向だけではなく、斜め上や下にも抜ける。 室内で交わる視線が増え、さらにその先の空や樹木へと続く。
 
幅の狭い空間においては、目線を斜めに逃すことにより体が自然と傾き、安らぎと開放感が得られると考えた。

関連したプロジェクト

  • Tom's Hütte
    Heike Schlauch raumhochrosen
  • Diya
    Spasm Design Architects
  • Einfamilienhaus Mülheim a.d. Ruhr
    Georg Döring Architekten BDA
  • Villa in Dahlem
    HAAS Architekten
  • Casa LPVM
    Biselli & Katchborian Arquitetos Associados

雑誌

諸江一紀建築設計事務所 によるその他のプロジェクト

穂積の住宅
岐阜
蒲郡の住宅
愛知
東員の住宅
三重
岡崎の住宅
愛知
尾張旭の住宅
愛知
土岐の住宅
岐阜