YAMAGIWA OSAKA

大阪府大阪市
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
写真 © Nobutada Omote
建築家
永山祐子建築設計
場所
大阪府大阪市
2022

照明業界で100年の歴史を誇るYAMAGIWAの大阪ショップ・ショールーム「YAMAGIWA OSAKA」の移転リニューアルのプロジェクトです。
亀倉雄策デザインの YAMAGIWA のロゴマークに象徴される放射状に広がる光線のイメージから、空間を繊細な線の集合体で構成しました。天井には木ルーバー、パーティションとして障子のような柔らかな光を通すバーティカルルーバーを用いています。また、モルタル壁やフローリングには真鍮棒を埋め混んで磨き、照明の光を受けて金糸の織物のように煌めく光の線を表現しました。これからグローバルブランドとして日本から世界に発信する YAMAGIWA の新しいショールームとして繊細な表現や、光と影、ニュートラルでありながら日本を感じさせる空間としました。
光を中心としたライフスタイル提案を見せるショールームとして住宅のようなヒューマンスケールを感じさせるために天井の木ルーバーは角度と高さを自在に変化させることができるようにし、自由に位置を変えられるバーティカルブラインドと組み合わせ、緩やかな分節感を作り出し、場所ごとに雰囲気を変化させることができるようになっています。イベント時には天井をフラットにするなどパブリックな大空間としたり、シーンに合わせて空間を変化させることで、来た方に常に新鮮な体験を提供ができるショールームを目指しています。
ショールームの背面にはオフィスがあります。オフィスの光環境や家具の提案も行うYAMAGIWAのオフィスは、時にショールームとして機能します。天井の一部はショールームから見えるようになっており、オフィス照明を見せると共に天井が連続して見えることで空間としての広がりを感じるよう設計しています。
環境照明には時間帯によって色温度が変わるプログラムを入れ、ショールーム側との光の調和を図り、快適な光環境をつくっています。
また、人数変動にもフレキシブルに対応できるカウンターテーブルを採用したり、テレビ会議用のブースを設けるなど、昨今多様化する働き方に柔軟に対応できるよう計画しています。

関連したプロジェクト

  • Gebäudeadaptierungen Rathausbereich - Zwentendorf
    maul-architekten zt gmbh
  • FON - Wohnbau und Kindergarten Fontanastraße
    GERNER GERNER PLUS
  • GOLD - Wohnbau Goldberg
    GERNER GERNER PLUS
  • BENE - Wohnbau Benedikt
    GERNER GERNER PLUS
  • PUCH - Wohnbau Puchsbaumgasse
    GERNER GERNER PLUS

Magazine

永山祐子建築設計 によるその他のプロジェクト

山名八幡宮
群馬県高崎市
URBANPREM 南青山
東京都港区
JINS PARK 前橋
群馬県前橋市
IZAMA/居様
京都府中央区
歌舞伎町一丁目地区開発計画
東京