相馬 こどものみんなの家

Fukushima
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
写真 © Koichi Torimura
 
 
建築家
クライン ダイサム アーキテクツ
2014

東日本震災の被災地で、新たな地域のコミュニティの拠点を建設するHome-for-All プロジェクトの活動に参加し、福島県相馬市に「相馬 こどものみんなの家」の設計を担当。2015年2月14日に地元の方々の引渡を行った。

「相馬 こどものみんなの家」は、放射能の影響により外で遊ぶことをためらっていたこども達や、地面の上でこどもを遊ばせることを心配している保護者の方々が、安心して過ごせる室内の公園、森をイメージしてつくられた。

公園の中にひょっこり現れる、紅白ストライプ柄が目を引く建物。まるで麦わら帽子のような屋根の形も、見る者の気分を楽しませる。屋根の内側には断面の小さい木材を編み込んだ構造や、木の形をした柱に動物がいるなど、遊び心のある建築的な仕掛けがたくさんある。

屋根は20mm x 120mm の小さな断面の長いカラマツ材を、60℃ずつ3方向に合計9レイヤー編み込んだ構造になっている。フィンガージョイントした20mの木材はしなりやすく、やわらかな3次元の曲面形状をすることができた。