山手の家T邸

神奈川県横浜市
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
写真 © Seiichi Ohsawa
建築家
田井勝馬建築設計工房
場所
神奈川県横浜市
2019

敷地は、横浜山手の尾根に近い南斜面の一角に位置します。周囲には学校や史跡が点在する良好な環境が広がる閑静な住宅地。この旗竿形状の敷地には、南斜面を形成する4.6mの擁壁が北面に存在し、東面には1.3m程下がった隣地が続いています。周辺環境として北面に擁壁、西・南面には隣地住宅に囲まれた住環境ではあるが、東面には隣地駐車場を挟んでお隣の建物との距離が保たれ眺望も良く、敷地高低差によって生まれた空間的な余白が存在していました。この都市的な余白と斜面地の眺望を計画に取り込むように、東面への開放性、上空への広がり、眼前に広がる眺望を享受できる計画を提案しました。

リビング・ダイニング・キッチンは2Fに設け、間仕切りのない一室空間とすることで外部への広がりを感じられる開放性のある空間構成としました。東面にはテラス部分も含めた横長の開口部を連続して設け、より広がりを強調しています。その他の面には隣地との関係から壁を設け、有効な構造耐力壁としたことで、東面の大きな開口部が実現可能となりました。

リビングとキッチンに併設した外部テラスには、インテリアと同じ素材のチーク小幅板貼天井を連続させることで、内・外の境を曖昧にし、あたかも室内の一部のような連続した“アウトドアリビング゙”の場を演出する事が出来ています。テラス上部に大きく穿った屋根開口は、上空への広がりを感じさせると同時に、陽光が差し込み、日の移ろいを映し出す装置として機能しています。また敷地の最大の特徴である旗竿部分は、玄関へと導く一連の“場”として捉え、道路〜玄関アプローチ~前庭〜玄関〜ギャラリーホール〜階段吹抜~LDK空間といった空間が、外界の喧騒からプライベートな空間へとシークエンシャルに導きます。

1Fの浴室・洗面空間は、外部テラス・庭との一体空間としたことで、光や風が流れ、時の移ろいと共に差し込む光が空間に彩りを添えます。このお庭は吹抜けを介して2Fへと延び、植栽されたシマトネリコが上下階の繋がりをより感じさせています。この様に周辺環境や敷地特性に呼応した「自然」と「場」を建築に取り込むことで、ご家族のライフスタイルが映し出された建築・住まいが実現できたと考えています。

関連したプロジェクト

  • De Vinos y Viandas
    Zooco
  • HA14 Einfamilienhaus
    Schiller Architektur
  • Goodman
    Zooco
  • Big and Tiny
    Zooco
  • M4
    Zooco

Magazine

田井勝馬建築設計工房 によるその他のプロジェクト

白楽の家
神奈川
山手の家
神奈川
山手煉瓦の家
神奈川
石岡の家
茨城
東玉川の家
東京
池田山の家
東京