SK

神奈川県
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
写真 © (C) Forward Stroke Inc.
建築家
山縣洋建築設計事務所
場所
神奈川県
2023

敷地は丘の上に宅地開発された住宅地の一画。東側には大きな緑地がありこの敷地の最大の魅力となっていた。1階は子世帯、2,3階は親世帯で外部階段により直接アクセスできる完全分離型の2世帯住宅である。 東側には大きな緑地があり、この方向には素晴らしい眺望が望めた。南側には地形が下がり駅付近の建物群の眺望がある。南側の隣地は現在、生産緑地であるが、将来、集合住宅のような建物が建つ可能性があるため、無条件に開放できるわけではなかった。西側にはこの敷地へのアクセスとなる道路が延びている。この道路からアクセスすると敷地に建つ建物はちょうどアイストップのように見える。まさに建物の顔として見える。北側は隣接している住宅に対する配慮が求められた。 こうした状況に対して、敷地の東、南、西の3方向にテラス、外部階段、ゲート状の自立した壁を一つながりに建物本体にまとわりつくように配置して、本体との隙間の空間がそれぞれの環境に対するバッファーとして機能するように考えた。 東側に対してはゆったりしたテラスをつくり緑地に対して開放している。南側にはあえて3階まで続く外部階段をつくり内部とのバッファーとして将来、隣地に建物ができても距離がとれるように配慮した。西側には西日の影響を抑えるために縦スリットの限定された開口を設けて、自立したゲート状の壁とともにアイストップとしての存在感のある外観となっている。その結果、戸建て住宅とも、共同住宅とも違う不思議なスケールをもった存在感のある建築となっている。

関連したプロジェクト

  • Promenade Favorita, Lugano TI
    mavo gmbh
  • Garten Höhenweg St.Gallen
    mavo gmbh
  • Sagiareal, Greppen LU
    mavo gmbh
  • Progressiver Reinraumausbau
    Lindner Group
  • Büro Allmendstrasse
    BFB Architekten AG

Magazine

Yo Yamagata Architects によるその他のプロジェクト

US
埼玉
NA
東京
KKE
千葉
MS
静岡
YG
神奈川