日野こもれび納骨堂

神奈川
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
© 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
© 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
写真 © 川澄・小林研二写真事務所
図面 © STGK Inc.
ランドスケープ アーキテクト
STGK Inc. | スタジオ ゲン クマガイ
場所
神奈川
2018
クライエント
‎Yokohama City
建築設計
コンテンポラリーズ
植栽計画
TREEFORTE

参拝という体験に季節を添える7つの庭

墓園でありながら横浜市内でも有数の豊富な緑を有する日野公園墓地に隣接してつくられた納骨堂。建築の設計はコンテンポラリーズです。入口をくぐり、受付を済ませ、祈りを捧げる…これらの納骨堂での一連の”流れ”の中で、四季を映し出す大小様々な庭が視界に入るように設計されています。私たちはその庭を含むランドスケープデザインを担当しました。
ここでは、「参拝という体験に季節を添える」をコンセプトに、1つの庭ごとに植栽される樹木を1種に限定し、ヨコハマヒザクラ(横浜在住の園芸家が作出)、ヤマモミジ(都筑区の木)、ハナミズキ(港北区の木)など、いずれも横浜市に縁のある樹種を採用しています。敷石・砂利についても、同じ種類の石材を素材としつつも、7つの庭それぞれで表面仕上げや砂粒の大きさ等に変化をつけています。利用者はこれらの庭を通じ、参拝の記憶と同時に「季節の記憶」もまた深く意識に刻み込まれることでしょう。敷地全体を包む数百枚に及ぶアルミプレートのルーバーフェンスは、祈りの場として視線をコントロールしながらも移動することで差し込む光や見え方が変化し、この場所での参拝体験をより印象的なものすることでしょう。植えられる植物や、差し込む光、素材の仕上げ違いなど小さな変化を丁寧に積み上げることで、この場所の季節感を拾い上げ、参拝者にその時ならではの参拝体験を提供すること。それが日野こもれび納骨堂のランドスケープデザインで目指したことです。

関連したプロジェクト

  • Neubau Laurpark
    Berchtold.Lenzin Landschaftsarchitekten
  • Europäisches Hansemuseum
    WES LandschaftsArchitektur
  • Agristo HQ
    OYO Architects
  • Industrial Park Sports Center
    WES LandschaftsArchitektur
  • Gemeindehaus Horw LU - Totalsanierung & Erweiterung
    raumfalter

Magazine

STGK Inc. | studio gen kumagai によるその他のプロジェクト

フレスポ稲毛 リニューアルプロジェクト
千葉
ヤオコー川越的場店
埼玉
三井ガーデンホテル 大阪プレミア
大阪
イオンモール和歌山
和歌山
BRANCH 神戸学園都市
兵庫
グランモール公園
横浜