おきのすインドアパーク/徳島県立東部防災館

徳島県徳島市
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
写真 © PicnicWork
図面 © GGDL
図面 © GGDL
図面 © GGDL
建築家
ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ
場所
徳島県徳島市
2023
クライエント
徳島県
設計
ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ+泉設計室+構造計画研究所設計共同体
構造
構造計画研究所
設備
島津設計
照明
ツキライティングオフィス
サイン・VI:
6D-K
建築施工
姫野組 / 美土利建設工業
電気
四国電気工業
空調
四国工販
衛生
津乃峰設備 / 福富工業
指定管理者
ジオグラフィックデザイン・シンコースポーツ四国共同事業体

旧新聞印刷センターを現代に必要な用途として生まれ変わらせる
徳島市東部の埋立地、マリンピア沖洲に建つ徳島新聞社の旧新聞印刷センターが、機能移転に伴い2020年に徳島県に寄付されました。築25年ですが、新耐震基準にも適合していることから、県は、この印刷センターを災害時の「広域物資輸送拠点」とし、かつ平時の活用用途とそのための改修提案、そして持続可能な事業計画を含めたハード・ソフト一体型の設計競技を行いました。私たちは、徳島市内のインドアスポーツ施設が徳島駅前に移転し、屋上に設置されるフットサルコートが屋外になり雨の日の利用が難しいこと、子育て世代や中高生が雨の日に行く場所が少ないという意見に耳を傾け、子どもの可能性を伸ばすスポーツ&カルチャー&イベントスペース、カフェ、学童保育、防災がひとつの屋根のもと連携していく、おきのすインドアパークを提案し、設計者に選定頂きました。1階の中心には、天井高さが13mもある巨大な輪転印刷機室がありましたが、今回の改修工事で、自然光のあふれるインドアスポーツのメインコートとして生まれ変わらせました。輪転印刷機室は機能上、自然光をシャットアウトした暗室でしたが、その部屋の天井スラブを撤去しハイサイドライトを新設しました。この操作によって、施設中央に自然光にあふれる大空間が生まれ、既存の印刷センターが生まれ変わたことを象徴する空間となりました。

平時と災害時をつなぐリバーシブルなデザイン
東部防災館おきのすインドアパークは、2023年9月のオープン以降、私たちの想定を超える多くの方々に利用され、主に子育て世代のにぎわいの場となっています。この施設は社会インフラであった新聞の印刷センターの痕跡が感じられると同時に、平時と災害時の両面で使われることを前提にしたリバーシブルなデザインで徹底しました。
例えば、カフェスペースは、かつて新聞が刷り上がったのちにトラックに積み込むための発送センターがあった場所に設けました。厨房はもと管理人室を転用しています。室内外の仕切りはシャッターがあった場所に、災害時にも入って来ることの出来るトラック車高に配慮したポリカーボネートの引き戸を新設し、平時は障子のように開閉することで、カフェのテーブルのある場所と屋外が、キャノピー下とつながった活用が可能としています。移動可能な運送用パレットで段差の解消を行うことや、防潮板を日常的に使うカウンターの下に仕込んでいるなど、平時と災害時をつなぐリバーシブルなデザインにより、利用している方々がふとした瞬間に、この施設が災害時には一時避難所としての備えがされており、広域的な物資輸送拠点になることが感じられることも重要と捉えています。ヴィジュアル・アイデンティティとサインデザインは、6Dの木住野氏に依頼しました。新聞の印刷センターの痕跡が残り、ざっくりとした大空間の魅力であり、その雰囲気に合わせて、単管パイプとターポリンを使ったサイン計画となっています。

指定管理の代表者として、柔軟な場を持続させる
前田が代表を務めるジオグラフィックデザインと、シンコースポーツ四国が共同事業体を結成して、2023年9月のオープン以降、指定管理会社として、おきのすインドアパークの運営を行っています。カフェはクレエールが徳島の食材を用いたメニューを提供し、四電ビジネスが日常の建物管理を実施し、3階のクリエイティブ・ラボで「徳島の子育てに伴走する会マチノワ」が子育て支援施設を運営してくれています。2024年春からは、カラーズが英語の学童保育サービスを3階で行い、小学校への送迎サービスも開始します。設計時のビジョンと運営方針が一続きとなり、日常で利用者・運営スタッフ皆の行動や意見を取り入れ、建築や家具に変更を加え続け、柔軟な状態を生み出しています。この指定管理の体制が10年間、"柔軟に継続・発展していく場を創出"するにより、子どもの可能性を伸ばすスポーツ&カルチャー&イベントスペース、カフェ、学童保育、防災が連携していく、東部防災館おきのすインドアパークの価値と文化を形成していきます。

主要用途: スポーツ施設、カルチャー教室、学童保育、子育て支援、飲食(災害時:広域物資輸送拠点)
構造・規模: 鉄骨鉄筋コンクリート造 一部,鉄骨造 地下1階 / 3階建 塔屋1階
敷地面積: 7,988.42㎡
建築面積: 5,001.03㎡
延床面積: 9,106.30㎡

関連したプロジェクト

  • Gebäudeadaptierungen Rathausbereich - Zwentendorf
    maul-architekten zt gmbh
  • FON - Wohnbau und Kindergarten Fontanastraße
    GERNER GERNER PLUS
  • GOLD - Wohnbau Goldberg
    GERNER GERNER PLUS
  • BENE - Wohnbau Benedikt
    GERNER GERNER PLUS
  • PUCH - Wohnbau Puchsbaumgasse
    GERNER GERNER PLUS

Magazine

ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ によるその他のプロジェクト

三宅町交流まちづくりセンター MiiMo (ミーモ)
奈良県三宅町
Takarazuka Huts
兵庫県宝塚市
UMIKARA/高浜町6次産業施設
福井県高浜町
箕面船場阪大前駅エントランス
大阪府箕面市