銀座のオフィスビル

東京
写真 © Naoomi Kurozumi
写真 © Naoomi Kurozumi
写真 © Naoomi Kurozumi
写真 © Naoomi Kurozumi
写真 © Naoomi Kurozumi
建築家
山﨑健太郎デザインワークショップ
場所
東京
2013

クライアントは、銀座で1913年から商売をしている老舗料亭のオーナーである。銀座には、食べること、遊ぶこと、買い物をすることに作法があるという。クライアントが、言った一言が印象深い。「中国人の観光客が増えようが、アパレルのファスト店が増えようが、腐っても銀座だよ。」

 

この建物が面する並木通りは、エルメスに始まって、ルイヴィトン、カルティエ、エトロ、シャネル、ロエベなど世界の名だたるブランドが建ち並び、夜ともなれば、客を見送る着物をきたホステスたちが行き交う優美な通りである。

 

このオフィスビルの計画において、レンタブル比を最大にすることは必須だが、特にファサードのデザインの検討に多くの時間を割いた。カーテンウォールのコストを考慮し、3種類のパネルをランダムに組み合わせて動きのあるファサードを構成した。

 

並木通りに作法があるとするならば、集客としての先進性を持たせがなら、品性や伝統に敬意を払うことではないかと感じている。

関連したプロジェクト

  • „els“ – Elsbethenareal-Schrannenplatz
    F64 Architekten PartGmbB
  • Eclectic Apartment
    JUNG
  • Haus R
    NW/A
  • SchloR – Schöner Leben ohne Rendite
    GABU Heindl Architektur
  • Fünf Freund*innen | Geförderter Wohnbau
    GABU Heindl Architektur

Magazine

山﨑健太郎デザインワークショップ によるその他のプロジェクト

熱海の茶房
静岡県熱海市
千客万来の住まい
神奈川
未完の住まい
千葉
さやのもとクリニック
佐賀
糸満漁民食堂
沖縄