横浜のオフグリッドハウス

神奈川県横浜市
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
写真 © Gen Inoue
建築家
エイバンバ
場所
神奈川県横浜市
2017

横浜市旭区に建つ、木造2階建ての住宅の計画です。敷地は、施主の父親が設計した母屋、竹林、畑に囲まれ、周辺にはのどかな風景が広がります。

ランドスケープデザイナーの施主からは、自然とのかかわり方を考えながら暮らしていくことのできる住宅にしたいという要望がありました。そこで、施主の家族と共に、今の暮らし方、これから想定される生活について話し合い、周囲の環境に積極的に開いていくことで、その変化も楽しんでいくことができる場所をつくることになりました。

寒ければブランケットに包まり、暗ければ手元に光を持ってくる。その上で、足りない部分を建築や設備が補っていく、キャンプの延長にあるような計画です。現時点では、そうした生活を楽しむことで、必要最低限の電力と熱量しか必要としないことから、オフグリッドハウスとして計画しています。作るときにも、暮らすときにも無理をせず、自然と生活とエネルギーの関係を調整しながら使うことのできる住宅です。

工夫しながら少しずつライフスタイルに合わせてカスタマイズするエネルギーシステムを提案しています。現在のライフスタイルや、建設時点でのコストから、すべてをフルスペックで用意するのではなく、少しずつカスタマイズしていくことのできる、仕組が用意された場所として計画しています。将来の工事が困難な基礎、屋根の断熱はしっかりと行い、北側の壁面は全面を収納とすることで、断熱層になるように配慮し、母屋との接続を予定している南の壁面は、後々の工事がしやすいようにしています。

●電気:竣工時点では、電気を送電網から切り離し、ソーラー発電による電力を、バッテリーに蓄えて利用しています。バッテリーには再生バッテリーを用い、将来的にパネルおよびバッテリーの増設をしやすいシステムとしています。

●給水:飲み水以外は雨水と井戸水を利用しています。雨水は屋根のソーラーパネルへの散水にも利用しています。

●熱源:竣工時点では、プロパンガスによるガス給湯器を用いていますが、将来的には、ソーラー温水パネルと蓄熱層の導入を予定しています。

意匠:abanba
構造:ASD
設備:東海大学高橋研究室+ZO
施工:株式会社栄港建設

関連したプロジェクト

  • Umnutzung Schuhfabrik in 14 Wohnungen Winterthur ZH
    Graf Biscioni Architekten
  • Moritz M-store
    External Reference
  • Jané Winestore
    External Reference
  • Jiu Ke Shu Future Arts Center
    iGuzzini
  • Casa CCFF
    INGENI

Magazine

エイバンバ によるその他のプロジェクト

矢内原充志展2017
神奈川県横浜市
目白台の地域拠点施設
東京都文京区
六本木の庫裡
東京都港区
桜新町の集合住宅
東京都世田谷区
横浜市電保存館しでんほーる
神奈川県横浜市
二子玉川の動物病院
東京都世田谷区