軽井沢追分浅間山の家

写真 © Hiroshi Ueda
写真 © Hiroshi Ueda
写真 © Hiroshi Ueda
写真 © Hiroshi Ueda
写真 © Hiroshi Ueda
建築家
遠藤克彦建築研究所
場所
2006

標高 1000mの高原道路をかすめる森林の中にこの住宅はあります。クライアントの要望は大きなワンスペースの空間でいろいろな「場所」を愉しむことができるような住宅でした。そんな特性あるスペースを計画するために、2階建ての住宅の中を4層に分けて計画しています。各スペースの基本的性能をしっかりと満たしながら、階段や吹き抜けで各層を緩やかに繋ぎ、視覚的な連続性を作っています。4層を重ねながら全体を一つの空間として計画したことで、大きなラウンジ空間は「音楽ホールのステージ」のように各スペースから視線を集める場所となっています。

このコンセプトは外観にも現れており、各層が突出する形態はそのまま内部の層構成を表現しています。閉じた印象を与えるエントランス側に対し、南に開くラウンジ側は高さ 3.6mのガラス開口部を計画、陽の光をリビングスペースの奥まで導きます。また、全体から突きだしたボリュームは、室内は書道室として、屋上は外部デッキとして計画しており、それぞれのアクティビティによってリビングスペースの雰囲気を乱さないような配置計画としています。

関連したプロジェクト

  • Ausstellung Poetische Räume Strategische Beobachtungen 20 Jahre Architekturbüro Stocker BDA
    Architekturbüro Stocker BDA
  • Umnutzung Spitaltrakt Schützengasse, Riehen
    Kast Kaeppeli Architekten
  • Oberstufenanlage Lachenzelg Zürich
    ADP Architekten
  • Umgestaltung und Renovation Peterskapelle Luzern
    Durrer Architekten
  • Drohnen Reportagen
    Atelier für Architekturfotografie René C. Dürr

Magazine

遠藤克彦建築研究所 によるその他のプロジェクト

La Cienega West
長野県
東京大学生産技術研究所アニヴァーサリーホール
東京
Ark
東京
保見ヶ丘幼稚園
愛知
長者丸 VIEW TERRACE
東京
KYOTOGRAPHIE2019 京都国際写真祭 自然の形態美 ─バウハウス100周年記念展
京都