ライトウエルハウス

京都市
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建築家
Keiichi Hayashi Architect
市町村
京都市
2007

敷地は住宅密集地の路地の突き当たりにある。北側と東側の隣地は一段上がっていて、二方向を擁壁に囲まれている。くぼ地のようなこの敷地に、夫婦と子供のための住宅を計画した。
この建物は、ばらばらに配置されたたくさんの光井戸を持つ。光井戸は皆同じ大きさの四角形の筒で、屋根を支える構造体でもある。1階では角度がそれぞれ違う光井戸が、人の見る向きにあわせて空を小さくばらばらに切り取る。光井戸の内部は太陽に対する方向の違いにより、ひとつひとつが違う雰囲気の光で満たされている。光井戸は2階を貫通していて、2階の空間の使い方や住人の動き方に働きかける。住人は光井戸の位置や角度をきっかけに、時々の気分や状況に合わせて家具を自在に配置し、生活に必要な領域をあいまいにつくっていく。
ここで森のような空間と草原のような空間を考えてみる。森にはたくさんの木が生えていて、人がそこで活動するとき木が行動のきっかけとなる。例えば子供たちの遊びを考えると、木に沿ってじぐざぐに走ったり、くるりと向きを変えたり、そこに身を隠してみたりといった具合に、木が遊びのルールを生み出していく。一方草原では、広くて障害物のない空間を全速力で走ったり、みんなで大きく小さく輪になったりして遊ぶことができる。ここでは広さが行動のルールを生み出している。今回の小住宅では、一見障害物でしかないような光井戸が森の木のように作用し、フレキシブルで自由な空間を生み出すさまを考えた。そしてそのことが住人の生活に楽しさを与えることができればよいと思った。