Huerto

神奈川県川崎市
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
図面 © Soeda and Associates
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
写真 © Takumi Ota
建築家
添田建築アトリエ/添田貴之
場所
神奈川県川崎市
2014

一般に、集合住宅は専有部と共用部の 2 種類のエリアに区分され、共用廊下 - 住戸 - バルコニーの順に並ぶ図式で表現できる。入居者同士のプラバシーを守るうえでは合理的で効率よく住戸をおさめることができるが、ごくシンプルに分けられたこのダイアグラムのようなプランが連続した状態は、建物全体が少々窮屈で閉塞感があるように思う。例えば住宅地のある 1 つの街区を見てみても、公道から住宅のバルコニーや庭は丸見えであることがほとんどで、地域差はあるがそれぞれの住宅から表出した生活の一部を垣間見ることができる。これと似たような状態を集合住宅の共用部にも持ち込 むことで、ほど良く弱い境界で分けられたスペースの連続としての集合住宅が成立するのではないだろうか。

この計画は、住戸が中庭を囲むようにコの字型に配置された集合住宅である。中庭には住戸 A が大きな開口部で面しており、住戸 C、E も互いに見合いが少ないよう注意して窓があけられ、共用廊下と共用階段からも大小の開口部で中庭と関係している。また住戸 C、D のバルコニーは、小さな開口を介して共用階段と関係し、 同様の効果を生み出している。公私の区別なく、部分ごとに採光 や通風を考慮しながら適切と思われる開口部を設けることで、建物 全体にわたり様々なスペースの関係が無数にでき上がっている。

関連したプロジェクト

  • Eclectic Apartment
    JUNG
  • „els“ – Elsbethenareal-Schrannenplatz
    F64 Architekten PartGmbB
  • Neubau Einfamilienhaus Liebefeld
    Johannes Saurer Architekt BSA
  • Neubau Sporthalle Sigmaringendorf
    dasch zürn + partner architekten Partnerschaft mbB
  • Guizhou South-Western Monority Ethnic Cultural Center
    West-line Studio

Magazine

添田建築アトリエ/添田貴之 によるその他のプロジェクト

下北沢の集合住宅
東京都世田谷区
APDC
東京都太田区
T-apartment
神奈川県川崎市
きぬばし薬局
栃木県宇都宮市
TUNNEL
東京都渋谷区