荒井屋本店

Kanagawa
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
© Seiichi Ohsawa
 
 
建築家
田井勝馬建築設計工房
住所
Kanagawa
2017

敷地は「伊勢佐木モール」から一筋入った角地に位置する。
周辺の街は創業当時の面影が無くなりつつあり、立地的な懸念も抱くなかで、女将はこの地に建て替えることを使命と捉え、街を変える建物になって欲しいという気概を持っていた。

そこで街との関係性を組み立てるべく、かつての街並みのように建物と通りとの繋がりを強めることを意識した。行き交う人々は、庭を通して軒下に広がる内部空間を垣間見ることができる。また夜には建物全体から行燈のように柔らかな光があふれ出し、内部の賑わいを感じる。行燈のフレームは、鉄鍋をモチーフとした金属の格子とコンクリートの深い庇により構成した。その奥行、量塊感は牛鍋の持つ力強さを表現している。

また、アプローチとなる門周りには旧本店を想起させる木、石、瓦を挿入し、親しみと調和を意図した。人々を誘うような建物の在り方を提案している。 通りから敷石に導かれて門を潜り、庭で心を整えてのれんをめくると、壮観なエントランスホールが待ち受けてくれる。
2層に広がる階段吹抜の開口部には、内側に金属の組子を設えている。背面からの拡散光により、七宝紋様のシルエットが柔らかく浮かび上がり、訪れる人々に温かみを与える。

客席は3層にまたがり、階段吹抜で各階へ導くように繋いでいる。「楽しいひととき」が積み重ねられてきたことをモチーフに、時間軸を重ね合わせて各階の位置付けを行った。

1階は創業の原点に立ち返り、庭と一体となる軒下で開放的に食事ができる「癒しの空間」とした。(牛鍋は発祥した頃、家のなかでは料理ができず庭先で食べたという)

2階は古き良き時代から続く、座敷で鍋を囲む「宴の空間」。宴の賑わいが行灯の光とともに外部にあふれ出す。

3階は海をモチーフに横浜らしさを現代的に解釈した「極みの空間」。
鏡面の素材に風景を映し込み、空間や時間の永遠性を表現した。

Related Projects

Other Projects by 田井勝馬建築設計工房