八幡の家

© 矢野 紀行
建築家
小松隼人建築設計事務所
場所
2018

【多方向の景色を繋ぐ】
敷地は広島市の郊外地で西に八幡川が流れ、北を見ると湯来温泉に繋がる山並みを望むことができます。
敷地の南隣は実家の雑木林と続き、多方向に景色が楽しめる豊かな環境でした。建主は暮らしていた広島市中心部の住まいを離れ、豊かな自然環境と趣味の道具や植物達に囲まれた生活を送ることができる場所を選ばれました。八幡の家では多方向に景色が繋がる住宅として、各方位に合わせた固有の見せ方を考えながら全体を構成しています。
[南方向]
正面に見える実家の庭とのつながりをつくるために大きな南庭とLDKを配置しました。深い軒とテラスをつくり日射コントロールをしながら植物たちの雨よけとしての機能も果たしています。また南庭に向いた幅の広い階段をつくることにより、そこに座り庭の景色を望むことができます。
[北方向]
湯来温泉に繋がる山並みを望むことができます。階段の踊り場を拡張し、カウンター設けて書斎エリアとしました。階段の昇降だけでなく、腰をかけて読書などを楽しむことができます。
[西方向]
八幡川を望むことができますが、交通量が多いため塀を立てましたが、斜めに切り取ることで「開く」と「閉じる」の中間領域をつくり、閉じながらも川の景色と音を楽しむことができます。さらに屋根と合わせた塀の勾配が、建物と一体的な繋がりをつくり出すとともに遠景に見える山並みとの調和を図っています。

多方向の景色を楽しむことが日々の生活の豊かさに繋がり、景色を繋ぎ合わせたことによって生まれた空間が環境に馴染んでいくことを期待しています。

関連したプロジェクト

  • Centillion Sofia
    DIN A4 Architektur
  • Joe and Rika Mansueto Library
    L-Plan Lighting Design
  • Terra Mineralia, Schloß Freudenstein
    L-Plan Lighting Design
  • シャングリ・ラホテル東京
    ワークテクト
  • 日本平ホテル
    ワークテクト

Magazine

Hayato Komatsu Architects によるその他のプロジェクト

今治の家
愛媛
井口の家
広島
伊予の家
愛媛
松前の家
愛媛
松山南の家
愛媛
中山の家
広島