山王の二世帯住宅

東京都大田区
白い基壇、グレーの箱を茶色いガルバリウムが覆う
写真 © Shigeo Ogawa
道行く人も楽しめるモッコウバラとヤマボウシの前庭
写真 © Shigeo Ogawa
敷地奥まで抜ける風と視線
写真 © Shigeo Ogawa
床はバリアフリーで天井が上下する親世帯
写真 © Kensuke Aisaka
1F寝室やリビングからは縁側テラスと隣地の緑
写真 © Shigeo Ogawa
1F敷地の余地には坪庭
写真 © Shigeo Ogawa
両世帯を結ぶ階段と回遊性の高い動線
写真 © Shigeo Ogawa
2F東からはイチョウとサクラ
写真 © Shigeo Ogawa
リビングの窓からは竹林の借景
写真 © Shigeo Ogawa
2階‐3階と吹き抜けるリビング
写真 © Shigeo Ogawa
夏はタープも取りつけられる屋上テラス
写真 © Shigeo Ogawa
夜景
写真 © Shigeo Ogawa
建築家
相坂研介設計アトリエ
場所
東京都大田区
2022

借景と断面による気兼ねない親子の共生
単身の母と娘家族4人が住む木造3階建二世帯住宅。住宅密集地での採光・通風・眺望の確保、年齢や嗜好の違う二世帯の気兼ねない共生、限られた予算でのそれらの実現を主に考えました。
外部に3つの庭と富士山を望むテラスを配し、内部には雁行する背後の高層住宅が生む大きな緑地を互いの視線を避けつつ借景。
断面は、床はバリアフリーで天井高を変化させた親世帯と、その高低差を収納や開放感に活かした子世帯が、互いのリビングを入れ替え、厳しい斜線の中で建物全体の最大容積を確保しました。
それぞれループする二世帯の動線同士を、納戸階段が繋ぐことも分けることもでき、将来の自由な使用法にも対応します。

関連したプロジェクト

  • Gebäudeadaptierungen Rathausbereich - Zwentendorf
    maul-architekten zt gmbh
  • FON - Wohnbau und Kindergarten Fontanastraße
    GERNER GERNER PLUS
  • GOLD - Wohnbau Goldberg
    GERNER GERNER PLUS
  • BENE - Wohnbau Benedikt
    GERNER GERNER PLUS
  • PUCH - Wohnbau Puchsbaumgasse
    GERNER GERNER PLUS

Magazine

相坂研介設計アトリエ によるその他のプロジェクト

松戸のビル
千葉
本庄の医院
埼玉県本庄市
横浜のコートハウス
神奈川
てぞーろ保育園
福島
上北沢の住宅
東京