船橋海神 STYLE HOUSE 2

千葉県
建築家
空間研究所/篠原聡子
場所
千葉県
2004

150坪ほどの一宅地に道路を挿入し5つの区画に分割したいわゆる「ミニ開発」である。
「ミニ開発」といえば、間口を小さく区切り、ペンシル型の住宅が並び、そのほとんどが評判のよくないものである。ここでは道路を中央にいれ、パブリックな公園の中に点在する住宅をイメージし、4棟の配置が考えられた。この公園的風景をつくるために、敷地境界線の引きなおしが可能だったのも、「ミニ開発」のメリットである。
4棟は中庭を取り囲むような配置となり、道路と庭の表情を同じくすることで、敷地境界線が消されたかのような、広く、光や風の抜ける風景をつくり得た。

集成材工場から4tトラックで搬入されたパネルは敷地内に仮置きされたあと床、壁、屋根の順でクレーンで吊り上げられ組み立てられた。まず、RC躯体に固定された柱脚の上に端から床パネルを敷く。床パネルから出るアンカーに壁パネルを端から差していく。立ち上がった壁の上に屋根パネルを緊結し完成。建方は3人+クレーン操作1人で床2日、壁2日、屋根2日、調整で1日のおよそ7日間で終了した。

関連したプロジェクト

  • Lifestyle Finland
    Lien Tran Interior Design
  • The Wellness Loft
    Lien Tran Interior Design
  • イソップ 新宿店
    二俣公一/ケース・リアル, 二俣スタジオ
  • Gallery COMMON
    二俣公一/ケース・リアル, 二俣スタジオ
  • 海のレストラン
    二俣公一/ケース・リアル, 二俣スタジオ

Magazine

空間研究所/篠原聡子 によるその他のプロジェクト

代田幼稚園
東京都世田谷区
鋸南町都市交流施設・道の駅 保田小学校
千葉県鋸南町
RIGATO F
千葉県千葉市
SHAREtenjincho
東京都新宿区
Y-HOUSE
千葉県