Escenario FUDOMAE

東京都品川区
写真 © Ryuichi Sasaki
写真 © Ryuichi Sasaki
写真 © BAUHAUS NEO
写真 © BAUHAUS NEO
写真 © BAUHAUS NEO
写真 © BAUHAUS NEO
写真 © BAUHAUS NEO
写真 © BAUHAUS NEO
建築家
佐々木龍一/佐々木設計事務所
場所
東京都品川区
2019
費用
非公開
階数
5~20階

東京の目黒不動、桜の名所である「かむろ坂」に沿に建つ、19戸からなるRC造8層の賃貸の集合住宅である。

敷地はかむろ坂に面し奥に伸びるL字型形状で、この敷地形状に合わせて植栽や敷地内通路などで取り囲むように計画した。外部の壁面には、正方形アルミ光輝材を各階反復して配置しており、四季折々の桜並木の表情、変化していく空の色、コンスタントに通過する人々の姿が映り込む。これによって建物が万華鏡の様に都市、自然環境、時間の変化に応じて外観が変化する都市のオブジェクトとして存在するようになる。また同時にこのプロジェクトは開口やアルミ光輝材などシンプルな正方形を多用し、建築とミニマルアートとの関係性を追求しているプロジェクトとして捉えている。

各住戸はワンルームからファミリータイプで、空間のひろがりや光、風の入り方など空間としても多様な計画となっている。プレストレストコンクリート構造を採用し、梁型、柱型を露出させないことで、住戸内は自由度の高い空間構成を実現させている。また無駄をそぎ落としたシンプルなデザインとし、白色の壁とコンクリート打放しのコントラストを基調とした構成となっている。住まい手により、リビング、ダイニング、ベッドルームを変化させることが出来るよう意識した。一例に、自立壁によるウォークインクローゼットはコンパクトなパソコンブースともなりえるような計画をしている。ミニマリズムを基調に、素材と空間による遊び心を加えることで、モノに支配されない豊かさ、持たない生活の形を提案した。

共同設計:YTRO DESIGN INSTITUTE
PRODUCER:株式会社モデリア
構造設計:徐光/JSD
施工:サンユー建設
施主:大橋伸光/秀光建設株式会社

関連したプロジェクト

  • Ausstellung Poetische Räume Strategische Beobachtungen 20 Jahre Architekturbüro Stocker BDA
    Architekturbüro Stocker BDA
  • Umnutzung Spitaltrakt Schützengasse, Riehen
    Kast Kaeppeli Architekten
  • Oberstufenanlage Lachenzelg Zürich
    ADP Architekten
  • Umgestaltung und Renovation Peterskapelle Luzern
    Durrer Architekten
  • Drohnen Reportagen
    Atelier für Architekturfotografie René C. Dürr

Magazine

佐々木龍一/佐々木設計事務所 によるその他のプロジェクト

Flamme-Iga Complex(上野ガスショールーム)
三重
キッチン中心の家
栃木
BASE 南青山
東京
離れの宿 よもぎ埜大浴場
スカンジナビア政府観光局 東京オフィス
東京
ハッセルブラッド・ジャパン・オフィス・ギャラリー
東京