LGS HOUSE #01 /ボーダーの家

東京都江戸川区
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
写真 © Niji Photo
建築家
ニジアーキテクツ
場所
東京都江戸川区
2014

「木造のようにつくる鉄骨造の家」

軽量鉄骨部材であるC形鋼は、軽く、運搬がしやすい上に、加工が容易である。 このプロジェクトは、その特性を活かし、C形鋼を木造のように加工し、組み立てた 住宅である。

工場においては、C形鋼を切断したものに穴をあけ、個別にジョイント金物を製作する のみとし、加工の際に場所をとらず、省スペース化を図った。基礎が完成すると、現場 には工場加工済みの部材を搬入し、C形鋼とジョイント金物を、ボルト・ナットのみで 組み立てる。C形鋼は一人で運べる重量のため、人力で躯体を組み上げることも可能で あり、建て方の工程短縮を図ることも可能である。また、上屋が軽いため、基礎も軽く 作ることができ、比較的地盤が悪い場所でも杭を必要とせず、鉄骨造ながら基礎工事を 簡略化でき、コスト削減へと繋げている。

C形鋼のみで組みあがった鉄骨フレームに、一定の強度と剛性を持つ床材と外壁材・ 屋根材を躯体に直接留めつけるため、下地は不要となり、きわめて簡便に仕上工事が 完了する。鉄骨フレームについてはあらわしとし、"見せるディテール"を心がけた。 最後に、庇やバルコニー等を施主の要望に合わせてオプションとして用意し、それらを 躯体に直接ボルトやビスで接合していき、結果としてオプションが施主のライフスタ イルを表し、個性として表出した住宅が出来上がっている。

また、本プロジェクトは用途が住宅であるため、建物として技術表現に偏らず、住環境 にも重点を置くように心がけた。

敷地は周りに建物が建つ旗竿敷地。前後は駐車場となっていることから、将来どんな 建物が建つかわからない。そんな場所であるからこそ、どんな条件でもプライバシーを 確保できるよう、周辺環境と内部環境の境界(“ボーダー”)として存在するように した。
また、内部環境においては、プライバシーを確保しつつも光溢れる軽快で心地のよい リビングや休息できる落ち着いた寝室となるように、外周をぐるりとまわるハイサイド ライト・ローサイド・腰壁のバランスを検討し”ボーダー”状に配置している。

なお、本プロジェクトは特殊鉄骨造を数多く手がけてきた鉄骨ファブより依頼を受けて 始まったプロジェクトであり、今後鉄骨ファブと共に「LGS HOUSE」として展開して いく為のプロトタイプとして位置づけられている。

関連したプロジェクト

  • Lichtfabrik - Mehr Licht, weniger Fabrik
    Bollinger + Fehlig Architekten GmbH BDA
  • Friedrichstraße - Früher Platte, heute Scholle
    Bollinger + Fehlig Architekten GmbH BDA
  • Villa K
    LOVE architecture and urbanism
  • Wettbewerb Restaurant Thalersee
    BÜRO KLK OG
  • Grelle Forelle
    BÜRO KLK OG

Magazine

ニジアーキテクツ によるその他のプロジェクト

牛窓の食堂
岡山県瀬戸内市
鷹番の長屋
東京都目黒区
窓のオフィス
埼玉県さいたま市
連箱の家
神奈川県逗子市
扉の家
東京都目黒区