凹屋根の家

写真 © Hiroyuki Hirai
 
 
写真 © Hiroyuki Hirai
 
 
写真 © Hiroyuki Hirai
 
 
写真 © Hiroyuki Hirai
 
 
建築家
Jun Yashiki & Associates
2008

敷地は、国道同士の交差点に近く、古びた隣家に囲まれている。 一方で、視野を広げれば、周辺は田畑が残るのどかな平野であり、広い空を遠く北へ望めば那須連峰が静かにたたずんでいる。

夫婦二人のための住宅である。 施主の希望は3点あった。 メイプルのあるテラス、天井の高い開放的リビング、生活スペースから離れたアトリエ。

北前面道路沿いの7.2m角テラスと、それを囲む凹型屋根を、提案した。 屋根は、平面が凹型、かつ、テラスへの片流れのため、立体的な凹型である。 木造山型フレームを、RC柱に載せている。 RC柱は、3.6m均等格子グリッド上に配置され、室内外ともに水平移動の自由度を高めているとともに、基礎からのキャンティレバーとすることで、梁のない伸びやかな内部空間を実現している。

凹屋根形状により、テラスのメイプルは十分な日照が得られ、前面道路からも見ることができる。 リビングは、屋根フレームの木縦格子を通過したハイサイドライトの光で満たされる。 アトリエは、凹平面末端の屋根裏に配置され、生活スペースから距離をとっているが、テラス越しにお互いの様子が垣間見える。

凹屋根は、シンメトリーという強い形式性により、とりとめのない近景に囲まれた敷地に力を与えている。 同時に、屋根下の内部では、生活の動きにつれて多様な空間体験が展開する離散的かつ連続的な場をもたらしている。

専用住宅 / RC造 一部 木造 / 延床 140.65㎡

Related Projects

Other Projects by Jun Yashiki & Associates