818 Garden

マニラ, Philippines
写真 © N-tree
写真 © N-tree
写真 © N-tree
写真 © N-tree
写真 © N-tree
ランドスケープ アーキテクト
長崎剛志/N-tree
場所
マニラ, Philippines
2013

7000もの島々からなるフィリピン、マニラでのプロジェクト。暑いと予想はしていたが、一年中夏の国の色々な暑さを理解するのに時間がかかった。当然植物も環境に合わせて柔軟な対応を求められ、落葉樹はいつ葉っぱを落とせばいいのか悩みながら常緑樹のように葉を振るい、花も少しずつ一年中咲き続ける。満開の時期はないのかもしれない。もちろん樹種によって様々で、少し大げさではあるが、我々の持つ四季という概念を捨てなければ、この庭のデザインを考えることはできないと思った。夏と雨期、誰もコートを持っていない国なのである。

クライアントはコンテンポラリーアートギャラリーのオーナーで、一人は山と木、オーガニック、もう一人は海と水、ミニマルを好む対照的な二人である。建物は庭との一体感を強く意識した、大きな開口部を持つコンクリート造。庭には設計の段階で決められていた17mのスイミングプールがあり、それを中心にデザインする必要があった。

プールに入る階段までを回遊していくアプローチの石畳は、曲線を描きながら少しずつ荒く敷き、景色として構成していった。ソファーに対面するメインの石組みは、眺めるためだけではなく座ることも目的としている。パーティー時には、石にワイングラスが置かれ、人々は自由に腰をかける。そんな時間に人、もの、庭、全てがつながる気がした。 

 

この庭の面白さは、トロピカルな植物と日本の石組みのコラボレーションである。四角い建物、プールの水の塊、ゴツゴツした石の群れ、そして太陽と雨に恵まれ、すごいスピードで成長する樹木のフォルムが激しくぶつかり遭う。この活気あるフィリピンに、凛とした空気を日本から運ぶことができていれば嬉しい。

関連したプロジェクト

  • Centillion Sofia
    DIN A4 Architektur
  • Joe and Rika Mansueto Library
    L-Plan Lighting Design
  • Terra Mineralia, Schloß Freudenstein
    L-Plan Lighting Design
  • シャングリ・ラホテル東京
    ワークテクト
  • 日本平ホテル
    ワークテクト

Magazine

Takeshi Nagasaki / N-tree によるその他のプロジェクト

舟ノ庭
東京
目白の庭
東京
雲と山の庭
山形
Homogenous Garden
ニューデリー, インド
Paradise Lost
ロンドン, Great Britain
黒土と六角錘の庭
神奈川