PICNIC

茨城

「装置」としての建築:
それじたいは「空」(≠有、≠無)だが、一旦、何かが入力された途端、出力が発生するような何か
だから建築は必然的に「空間的」であると同時に、とても「時間的」なものになります
「交通」への距離 を如何に確保するか
「装置」とは本来弱いものだが、その建築的表現としては、あくまで凶暴で簡素で強いもの
設計思想を記述することはとても困難なことです。以上はこの記載時での僕たちのおおまかな思想ですが、明日には、全く変化してしまうかもしれません。

創作とは、そういう突然の変化とともにあるのです。

japan-architectsブログ取材記事
・横浜の住宅「NOSTALGHIA」
・目黒の住宅「ORANGE」
・前田紀貞×前田圭介トークイベント「座会」
・世田谷の住宅「PLASTIC MOON」

このオフィスに連絡する

カテゴリー
  • 建築家
場所
東京
ウェブサイト
maeda-atelier.com
設立年
1990