写真 © KMDW
写真 © KMDW
写真 © KMDW
写真 © KMDW
写真 © KMDW

ベニヤハウスプロジェクト

 プロジェクト一覧に戻る
2014

世界中に流通し、品質の安定しているベニヤ板を用いた、新たな構法のプロジェクトです。台風や地震などの被害にあった各地において、これまで4棟のプロジェクトを実現させてきました。

パソコンのデータをもとに、CNCルーターで切り抜かれたベニヤ板のパーツを、特殊な工具や知識なく、ただ組み合わせることで、建物の骨組みをつくることができます。被災地において、被災直後は特に建築の重機や職人が不足し、建物を必要とする(建築に関しては素人の)人々が自身で建設できることが、大きなメリットになります。また、共同で作業にあたる建設のプロセスによって、地域コミュニティの絆の再構築に貢献することも、この構法の大きな価値です。

より少ない材料で、より簡易に、より堅硬な建物をつくることを目指し、今後も改善を続けるとともに、この新たな建築により、いかに社会に貢献できるかの模索を続けていきます。

南三陸ベニヤハウス(宮城,日本/2012)

前網浜ベニヤハウス(宮城,日本/2013)

マノヘリ村ラーニングセンター(ミャンマー/2013)

コゴン村保育園(フィリピン/2014)

KMDW / Kobayashi Maki Design Workshop によるその他のプロジェクト

六本木都営大江戸線駅舎
東京
赤坂ヘキサゴン
東京
広尾コンドミニアムインテリア
東京
神戸旧居留地25番館
兵庫
箱根山荘
神奈川
パークシティ浜田山F棟
東京