クリエイションの未来展 第15回 伊東豊雄展「聖地・大三島を護る=創る」

LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター、清水敏男(アートディレクター)、宮田亮平(金工作家)、伊東豊雄(建築家)、隈研吾(建築家)を監修者に迎え、それぞれ3ケ月ごとの会期で、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化した展覧会を開催しています。

■展覧会のみどころ 
建築家 伊東豊雄氏が取り組む、日本の伝統文化を蘇らせるこれからのライフスタイル
「クリエイションの未来展」第 15 回となる今回は、建築家の伊東豊雄氏による「聖地・大三島を護る=創る」を開催します。本展は 2011 年の「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」の開館以来、瀬戸内海に位置する大三島を舞台に伊東氏が取り組んでいる、これからのライフスタイルの提案です。農業を次世代へつなげるための支援、宿泊施設・大三島憩の家の活用、参道の活性化につなげる島の交通の充実などに加えて、オーベルジュの設計などこれまでの活動は、ようやく具体的な成果をあげつつあります。本展の会場では実際に大三島で暮らす 7 人のドキュメンタリーを映像や写真、模型にて展示します。伊東氏が取り組んでいる日本伝統文化の記憶を蘇らせる暮らしの試みです。

<トークイベント>
日時:4月23日(月)
会場:ギャラリー1/2/3
中沢新一(思想家・人類学者)×伊東豊雄(建築家)

日時

2018.4.12, 10:00 - 2018.6.17, 18:00

場所

ギャラリー1/2/3
中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル LIXIL:GINZA 2F
東京都

主催

LIXIL

リンク

www.livingculture.lixil/topics/gallery/-15-1/