イベント

2018.7.16 まで
東京都
イベント, 展覧会
ル・コルビュジエは近代を代表する巨匠建築家として知られています。そしてその活動は、彼が提唱した「近代建築5原則」が示す通り、合理主義的な考えと技術革新を伴って発展していく世界のイメージに根ざし、一つの普遍的論理が広く世界で通用するという信念に基づくと考えられてきました。 しかし、ル・コルビュジエが場所の環境や風景、また風土や文化など、計画にかかわるコンテクストに多くの注意や関心を払っていたことはあまり知られていません。特にチャンディガールをはじめとする晩年の作品群では、こうした関心が、彼の建築・都市...
2018.7.16 まで
東京都
展覧会
建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家展 –世代と社会が生み出す建築的地層−」では、今の社会における建築の在り方を、模型を通して模索やチャレンジをする5組の30代建築家による作品を取り上げ、建築倉庫ミュージアムで常時保管している模型とともに展示・紹介いたします。 展示内容 岩元真明+千種成顕「節穴の家」 齋藤隆太郎 「対行政住宅」 酒井亮憲「菓匠寿紗」 藤井亮介「みつわクリニック」 三井嶺「日本橋旧テーラー掘屋」 など
2018.7.20 まで
東京
展覧会
AGC旭硝子は、2018年4月に開催された「ミラノデザインウィーク2018」に体験型インスタレーション作品”Soundscape”を出展しました。音( 聴覚)をテーマに、気鋭の日本人建築家、萬代基介氏をクリエーションパートナーに迎え、当社の「音を生む」ガラスによって新しい「音の風景」を提案しました。 本展ではその帰国展として、ミラノでの展示をAGC...
2018.7.27
大阪市
レクチャー
大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7回開催する建築レクチュアシリーズ。建築家としての作家的な思想をお聞きしながら、作品づくりの手法や建築へのアプローチなどを探ります。 ゲストスピーカー:田根 剛
2018.8.02 まで
東京都
コンペティション
応募締切日:2018 年 8 月 2 日(木)17:00 必着(持参可) 日本建築学会では、全銀座会からの 依頼を受け、10 月に銀座通り周辺で開催される 「銀茶会」*において銀座三越で展示され実際に お茶席として使用される創作茶席の設計・制作案を募集します。 茶道に通じた依頼者のために誠意ある提案を行い、設計課題等のように 1/10 模型を作成して講評を 受けるだけに留まらず、コンペによって入選した作品は 1/1 模型の制作を行い、その中でも最優秀賞を...
2018.7.31 - 2018.8.15
東京都
展覧会, レクチャー
TOTOギャラリー・間では、建築家・藤村龍至氏の個展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」を開催いたします。 単純な形状を出発点とし、細かな与条件をひとつひとつ反映しながら、多数の模型で比較・検討を重ねていく独自の設計手法「超線形設計プロセス」を展開してきた藤村龍至氏。評論活動や教育活動に加え、近年では市民を巻き込み、現代に即した開かれた建築のあり方を模索してきました。 多岐にわたるこうした活動の背景には、より多くの情報や意見を取り入れ集合的な知を形成することで最適な解を導き出し、社...
2018.8.24
大阪市
レクチャー
大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7回開催する建築レクチュアシリーズ。建築家としての作家的な思想をお聞きしながら、作品づくりの手法や建築へのアプローチなどを探ります。 ゲストスピーカー:小川晋一
17 9月 2018 まで
東京
展覧会
いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得ているのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類を見ない独創的な発想と表現を内包しているからだとはいえないでしょうか。 日本は、明治維新からの150年間、大いなる建築の実験場でした。幾多の実践のなかで、日本の成熟した木造文化はいかに進化したのでしょうか。西洋は日本の建築にどのような魅力を見いだし、日本建築はそれにどう向き合ったのでしょうか。日々の暮らしや自然...
2018.8.04 - 2018.9.17
浜松市
展覧会
秋野不矩美術館開館20周年を記念し、当館を始め多数の建築設計を手掛けている建築家・建築史家、藤森照信(ふじもり...
2018.9.17 まで
東京都
展覧会
いま、世界が日本の建築に注目しています。丹下健三、谷口吉生、安藤忠雄、妹島和世など多くの日本人建築家たちが国際的に高い評価を得ているのは、古代からの豊かな伝統を礎とした日本の現代建築が、他に類を見ない独創的な発想と表現を内包しているからだとはいえないでしょうか。 日本は、明治維新からの150年間、大いなる建築の実験場でした。幾多の実践のなかで、日本の成熟した木造文化はいかに進化したのでしょうか。西洋は日本の建築にどのような魅力を見いだし、日本建築はそれにどう向き合ったのでしょうか。日々の暮らしや自然...
2018.9.14 - 2018.9.23
イベント, Travel + Excursions
Nach dem großen Erfolg der Japan-Architektur-Reisen mit Schwerpunkt Tokio und Kyoto der letzten Jahre bietet Ticket B 2018 erstmals eine Reise nach Japan an, die sich auf andere Highlights der Insel konzentriert und sich somit sowohl an...
2018.9.25 まで
東京
展覧会
LIXILギャラリー企画「クリエイションの未来展」では、日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター、清水敏男(アートディレクター)、宮田亮平(金工作家)、伊東豊雄(建築家)、隈研吾(建築家)を監修者に迎え、それぞれ3ケ月ごとの会期で、独自のテーマで現在進行形の考えを具現化した展覧会を開催しています。 「クリエイションの未来展」の第16回目となる今回は、建築家の隈研吾氏監修のもと「KUMA LAB: Weaving...
2018.10.14 まで
東京都
イベント, 展覧会
21_21 DESIGN SIGHTでは2018年6月29日より、企画展「AUDIO...
2018.7.19 - 2018.10.18
東京都
「デザインあ」のコンセプトをベースとしながら、デザインの視点や考え方を体験できる展覧会 
2018.10.19 - 2018.10.29
大阪市
イベント, 展覧会, レクチャー
「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2018」を、今秋、大阪駅前・うめきたシップホールにて開催します。これからの活躍が期待される 35歳以下の出展候補者を全国から募り、ひと世代上の建築家である「平田晃久」の厳正な審査を経て選出された建築作品の展覧会です。 また、その出展作品の中から優秀な作品を選出し、Under 35 Architects exhibition 2018 Gold Medal賞 、Toyo Ito...
2018.11.24 まで
東京都
レクチャー, 教育
当塾は、学生や若手建築家の育成を目指す家族的雰囲気の寺子屋のような個人建築塾です。楽しい仲間たちと一緒に、真の意味での建築に触れていただきたいと願っています。
ページ 1 of 1 ページ

おすすめのプロジェクト

Barozzi / Veiga

Graubünden Museum of Fine Arts