ビジュアリゼーション © 株式会社 STUDIO55
鳥瞰スケッチ
ビジュアリゼーション © 株式会社 STUDIO55
センター棟・ショップストリート 夕景
ビジュアリゼーション © 株式会社 STUDIO55
コテージ棟
ビジュアリゼーション © 株式会社 STUDIO55
客室内装
ビジュアリゼーション © 株式会社 STUDIO55

西藏民宿酒店プロジェクト

 プロジェクト一覧に戻る
場所
チベット自治区, China
2017

チベット自治区、然烏湖は標高4100M、天空の氷河湖である。
それを一望する斜面に36室の滞在型ホテルを計画する。地域の伝統文化への配慮、保全を念頭に持続可能なアプローチを求めて、基本的に全て木造の高床式建築を分散させている。全ての開口部は眺望を取り込むように配置され、広いテラスとビューバスを備え、給湯設備、照明、下水処理などにソーラーを始め、最先端技術による自然エネルギー活用に積極的に取り組んでいる。宿泊棟を屋内連絡通路で結び、気候の厳しいシーズンに対応するほか、コテージ棟はプライバシーを確保しつつ、程よい距離を保ちながら、それぞれ長期滞在が可能なしつらえを有する。

開発地  西蔵自治区
用途   複合滞在型リゾート
設計   環境計画スタジオ 橋本健
共同設計 髙山美紀
     ヤス・アーキテクト 岡田泰明

計画内容
リゾート開発基本構想
建築基本構想/基本計画(市政府申請図書)
ランドスケープ基本計画
建築・インテリア基本計画

規模
開発規模:20,000㎡
建築面積:2,296㎡
延べ面積:8,818㎡

期間
設計期間:2016年12月〜2017年3月

Environmental Planning Studio によるその他のプロジェクト

沼袋ハウスプロジェクト
東京
Waterfront Project
兵庫
Sloping House Project
Undefined
JALAK COFFEE & CACAO 高松
香川
Y's マンションプロジェクト
京都