麻生さんの家

5. 12月 2018
Photo by Neoplus Sixten Inc.

西久保毅人/ニコ設計室による杉並区の「麻生さんの家」を見学してきました。

敷地面積120m2、建築面積51m2、延床面積88m2。木造2階建て。
旗竿敷地に建っており、長いアプローチの先に丸いたたきのポーチと、斜めに角度を付けた玄関が出迎える。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

洗い出しの土間が納戸まで連続。沓脱石がアクセントに。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

1階はLDKと水回り。積極的に色を使うニコ設計らしい空間が広がる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

DKの上は天井が下がり、リビング側は天井が高めで南北に開口が設けられ開放的だ。
当日は吉祥寺の亀岡珈琲さんがコーヒーを振る舞い、部屋中がコーヒーの香りに包まれていた。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

土地を購入した際いくつか既存の庭木を残し、縁側のようなデッキを設えた。
軒には一部穴を空け、光を取り込みながら借景の緑がよく見えるようにした。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

階段の下に犬か猫の部屋を作ってあるのかと思いきや、ルンバ(自動掃除機)の部屋だそうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

2階は1階とは対照的に細かく部屋に分かれている。階段室の上には足を垂らして座る書斎で、ニコ設計の住宅ではしばしば登場する人気のプランだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

温もりある仕上げのトイレ。スペースのない場合は無理をせずタンク式を採用。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

寝室。暫くはここで家族皆で布団を敷いて寝るという。右側に予備室がもう一部屋ある。そして1階の天井が下がっていた部分は、2層にしてロフトを設けた。レベル操作をすることで多くの居場所が生まれている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

下段は客間としても使えるフリールームで、左の寝室とは引戸で仕切ることができる。奥のにじり口から先ほどの書斎に通じる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

階段室なのか書斎なのか曖昧な空間が面白い。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

西久保毅人さん(右)と、ニコ設計室の皆さん。昨年から事務所に在籍するフランス人のマリオン・コンラディさんが初めて担当した。

【麻生さんの家】
設計監理:ニコ設計室
構造設計:筬島建築設計事務所
施工:宮嶋工務店
 
Posted by Neoplus Sixten Inc.

おすすめのプロジェクト

Snøhetta

Lillehammer Art Museum and Lillehammer Cinema Expansion

このカテゴリ内の他の記事

北鎌倉ハウス
2 week ago
House Z
1 month ago
吉祥寺の家
1 month ago
T cube
1 month ago
熊久のいえ
2 month ago
HOUSE M & L
2 month ago