武蔵野リノベーションプロジェクト

NAYA Architects, Neoplus Sixten Inc.
17. 4月 2019
Photo by Neoplus Sixten Inc.

納谷学+納谷新+島田明生子(納谷建築設計事務所)による東京 武蔵野市の「武蔵野リノベーションプロジェクト」を見学。企業が所有していた社宅を、分譲マンションとして1棟まるごとリノベーションしたプロジェクトで、事業主はリビタ。建物名は「リノア武蔵野」。
三鷹駅から徒歩15分程の場所。
[Musashino Renovation Project by NAYA Architects]

敷地面積約1,670m2、延床面積約826m2。18住戸からなる集合住宅。
1階接道面にエントランスホールを兼ねたコミュニティスペースを増築したのが最大の特徴で、住人と地域の人が交流できるような場をつくった。

Googleストリートビューより

既存では正面に住戸ごとの倉庫があり、この時代の集合住宅に定番のツツジが植わっていた。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

階段の丸い意匠を利用して新設した塀に腰掛けを造り付け、街との接触部分とした。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

既存ではエントランスだった部分は駐輪場とした。RCのままでは圧迫感があるため境界が曖昧になるようミラー仕上げのステンレス板を張り込んだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

中は駐輪場の他、右手にトイレやゴミ置き場、機械室を設けた。自転車置き場は正面の反対側にも設けた。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ではエントランスはというと、このコミュニティスペースそのもがエントランスホールとなるのだ。オートロックの自動ドア横には郵便受けや、宅配ボックスも見える。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

住人はホールを抜けて、もう一度オートロックのドアを通って居住エリアに進む。
このスペースは「manabino」と名付けられ、漢字をあてるなら「学び野」となり、武蔵や屋上の芝生からイメージされた原などからくるネーミングだ。住人たちはもちろん、地域の人が使える様々な「学びの場」にしていくことを目指す。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

棚には本が並び、近所の子どもや親がたちが集まり、イベントなども開催しながら世代を超えたコミュニティを醸成し、通りを活性化しよういう試み。(開放されているときは表側のオートロックは掛からない)
デザインプロデューサー萩原修が代表を務める株式会社シュウヘンカが、リビタに委託されて運営していくという。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

構造用のラーチ合板で作られたオリジナルのテーブル。カーブしたものを2台繋げた状態だが、1台だとちょうどホール両側のカーブしたベンチにフィットする。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ホールを抜けたところ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

階数表示。エレベーターからの距離をfeetやm、尺、間など様々な単位を使ってビジュアル的に表現し、単位の違いがあることを学ぶことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

202号室の1住戸のみ、納谷建築設計で内装デザインも手掛け販売される。
床面積は約83m2、3LDK。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

玄関を入って右に子ども室を想定した部屋。小上がりを造り付け、ベッド、収納、椅子にもなる。表面はコルクシート張り。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

廊下の向かい側は主寝室を想定。同様に小上がりが作り付けられている。モデルルームとして公開されているので家具が設えてある。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

LDK。キッチンの位置はそのままで、軽やかなデザインに仕上げた。
この住戸を見て気に入れば、他の住戸も注文すれば同様の内装にすることができるそうだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

キッチンの反対側は水回り。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

リビングと、、、

Photo by Neoplus Sixten Inc.

隣の個室にも造り付け家具が連続している。1階のホールに採用されたカーブをこちらに踏襲したデザインで、住戸の外周をぐるりと囲むようなイメージで。包まれるような一体感をもたらしている。
椅子や収納家具を減らし、高低差が自由な使い方を生みだす装置となっているのだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

納谷新さんと、担当の島田明生子さん。
「プロジェクトの当初からデザイナーなどソフトを担当する方たちに入ってもらいました。その中でやはり顔となるエントランスを思い切ったものに提案し、人が集まることで活力を生み出そうという方向が見えてくると、プロジェクトは一気に進行し、ハードとソフトが調和した新しいリノベーションの形ができたのではないかと思います。」

【武蔵野リノベーションプロジェクト】
建築設計:納谷学+納谷新+島田明生子/納谷建築設計事務所
事業主:リビタ
統括設計:ベイス
構造設計:アトラス設計
設備設計:環境プランナー
サイン・コピー・コンセプトメイク:POOL、電通デジタル
施工:デザインアーク

ラベル: オープンハウス, ジャパンアーキテクツメンバー情報, リノベーション, 集合住宅

おすすめのプロジェクト

Transsolar KlimaEngineering

Dorotheen Quartier

このカテゴリ内の他の記事

WO
3 week ago
北鎌倉ハウス
1 month ago
House Z
1 month ago
吉祥寺の家
2 month ago
T³ (t cube)
2 month ago
熊久のいえ
2 month ago