UDSによる「HAMACHO HOTEL」開業レポート

Hamacho Hotel

UDS, Neoplus Sixten Inc.
15. 2月 2019
Photo by Neoplus Sixten Inc.

日本橋浜町の清州橋通りに2月15日にオープンする「HAMACHO HOTEL」内覧会へ。
ホテル・店舗・賃貸住宅からなる複合施設「HAMACHO HOTEL & APARTMENTS」のホテル部分である。安田不動産が「手しごと」と「緑」のみえる街、というコンセプトのもと進める街づくりプロジェクトのひとつ。UDSが建築デザイン監修と、ホテル企画・設計・運営を手がけた。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

建物の足元や各客室のバルコニーに緑をふんだんに取り入れており、国内外から訪れるゲストのみならず、浜町に住み、働く人々との交流と賑わいを生み、コミュニティを創出する場となることを目指す。
ホテルの客室数は全170室。1階はダイニング&バーとチョコレートショップ、2階〜15階が客室という構成。
地下1階地上15階、RC造、敷地面積1,423m²。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

エントランス。
ホテルと賃貸住宅の共有エントランスであるが、1階のエレベーターホールでセキュリティーを設けている。建物全体の植栽はSOLSOが監修。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

中に入ると、ロビーを中心に左手にダイニング&バー、右側にレセプションとエレベーターホールがある。ロゴマーク「H」はHAMACHOの頭文字で、佐藤卓が手掛けた。 

Photo by Neoplus Sixten Inc.

まずはエレベータで15階へ。
最上階の15階にはテラス付の部屋が4室ある。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

〈テラスルーム〉 40m²
床を下げることで生まれる立体的な室内空間と併設するテラスで広がりを感じられる空間。3室はこのタイプで宿泊料は30,000円〜。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

松などの和テイストにローズマリーなどのミックスした植栽のテラス。 

Photo by Neoplus Sixten Inc.

バスルームからもグリーンをのぞむことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

<プレミアムテラスルーム> 45m²
こちらは1室のみの特別客室。乃村工藝社 A.N.D.による内装デザインで、古材やデニム生地のカーペットなど、他客室とは異なるテーストと遊び心のある設えとなっている。 パーティールームとしての使用を想定し、バーカウンターやターンテーブルが備わる。
宿泊料は35,000円〜。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

テラスはアウトドアリビングのように東京の景色を眺めながら寛げる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

〈コーナーダブルルーム〉 25m²、12室(3階〜14階)
各フロアに1室しかない2面の開口でパノラマに街が広がる開放的な部屋。
宿泊料は13,000円〜。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

13階でありながら窓から松の木が見える!(12階にしっかり固定されて植えられている) 

Photo by Neoplus Sixten Inc.

〈ダブルルーム for relax〉15m²、34室(3階〜14階)
窓際には、荷物を置いたり足を投げ出せる機能を持たせたベンチソファーが備わる。
宿泊料は11,000円〜。同じ広さでビジネスユースに適した「ダブルルーム for business」もある。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

1階に降り、専用の階段で2階の「TOKYO CRAFT ROOM」へ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

柳原照弘氏をクリエイティブディレクターに展開する、クラフトの新しい価値を東京を経由して世界に広げるプロジェクトの拠点となる特別客室だ。日本各地の作り手と国内外のデザイナーをマッチングして完成したアイテムを、客室の一部とするコンセプト(アイテムによっては購入も可能)。78m²、宿泊料は50,000円〜。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

開業時には2組のデザイナー(アムステルダムのデザインスタジオDe Intuïtiefabriekと、スウェーデンのインゲヤード・ローマン)によるアイテムがお目見え。年に数点新しいデザイナーの作品が追加されていく計画で、今夏にはCKRによるテーブルの発表が予定されている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

インゲヤード・ローマンによる有田焼のカップは各客室で楽しむことができる。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

〈nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO〉1階
日本の手しごと×チョコレートをコンセプトにしたショップ。ガラス越しにチョコレートが出来上がっていく様子を眺めながら一息つけるカフェも併設。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ショコラティエがベトナムの契約農家など複数産地のカカオ豆の選定から行って作り上げるボンボンショコラ“ビーントゥーボンボン”や、カカオ豆の発酵度合いによる味の違いが楽しめる商品。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

〈SESSiON〉1階
ブルーノート・ジャパンによる街のダイニング(食堂)をテーマにしたダイニング&バー。
デザインは乃村工藝社 A.N.D.が手掛けた。「セッション」には、国内外から訪れたホテルゲストのみならず、浜町に住まう人や働く人が集い、心地よいリズムや対話が生まれるような場所になって欲しいという思いが込められている。豚の角煮やコロッケなど親しみのあるメニューをプロの技でアレンジした食事を提供。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ホテルエントランスからダイニング&バーを見る。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

「SESSiON」の外部エントランス。
「HAMACHO HOTEL」はデザインコンシャスでありながら気取らない親しみやすさがある。3月には良品計画が展開する国内初の「MUJI HOTEL GINZA」を開業させるUDS。今後も攻めの企画、設計、運営であたらしい文化やコミュニティーを創出していってくれそうだ。

【HAMACHO HOTEL】
企画・インテリアデザイン・建築デザイン監修:UDS/ the range design INC. 
プレミアムテラスルームデザイン:乃村工藝社 A.N.D. 
TOKYO CRAFT ROOM デザイン・クリエイティブディレクション:TERUHIRO YANAGIHARA STUDIO 
植栽デザイン監修:DAISHIZEN SOLSO 
アートワーク :トモル工房 / Spiralarts & Co. / ALL GOOD FLOWERS 
設計・監理 :松田平田設計 
運営 :UDS
所有者 :安田不動産
https://hamachohotel.jp

このカテゴリ内の他の記事