サポーズデザインによる「マツダ 高田馬場店」

Neoplus Sixten Inc.
9. 11月 2016
Photo by Neoplus Sixten Inc.

谷尻誠+吉田愛/サポーズデザインオフィスがデザインを、マツダデザイン本部による監修の「マツダ 高田馬場店」内覧会に行ってきました。場所は副都心線 西早稲田駅近く、明治通り沿いで11月5日にオープンを迎えた。

敷地面積1,565m2、延床面積3571m2。地上3階、地下1階。鉄骨造/地上、RC造/地下。
マツダが進める「新世代店舗」のコンセプトを基に、よりブランド訴求に重点を置いた店舗計画で、サポーズが手掛けるのは「目黒碑文谷店」に次いで二店舗目だ。

Photo: Suppose Design Office

外観の一番の特徴は流れるようなラインを持つルーバー。夕景ではアップライトがルーバーから洩れ新しい街の風景を作っている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

うねる陰影はファサードが3次曲面を描いているからだ。カーデザイン用の3Dソフトを駆使してデザインされ、車のボディーのようであり、疾走感を表現している。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

アルミパネルを1枚ずつ曲面加工してあるため繋がりが滑らかだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ファサードの内側はテラスになっており周囲を植栽が覆っている。奥に車がなければカフェにしか見えないスペースだ。
テラスの上部に屋根はない。明治通りが都市計画道路のため、建て替えによって7mのセットバックを求められており、その7m分をテラスにして必要に応じて解体可能な状態としている。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

植栽は線の細いものを多く植え、少しの風でも揺れ動くことで疾走感を表している。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ショールーム内はダークな床に木張りの天井。スポットライトで車を照らし、間接照明が周囲を包む美術館の雰囲気。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

車が美しく見えるよう演出しつつ、木と異素材の組合せで高級感を醸し出しながら、温もりと親しみやすさのバランスを取った。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ショールーム奥にはドリンクウンターが、、、

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ショールーム(内)、インナーテラス(半外)、テラス(外)と内と外がグラデーショナルに連続したカフェのような空間にしているためだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

テラスでは天気が良ければルーバーから洩れる日の光の下で寛くこともできる。
椅子やローテーブルはオリジナル。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

ショールーム壁側は手前からレセプション。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

商談ブース。

Photo by Neoplus Sixten Inc.
Photo by Neoplus Sixten Inc.

キッズスペースなどが、掘り込まれた洞窟のように並ぶ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

マツダのブランドコンセプトをイメージしたオブジェやグラフィックが並ぶシェルフ。碑文谷店でも強調されているスペースだ。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

「車が美しく見える」ことにこだわった空間は、マツダのコンセプトカラーである赤が良く映える。

Photo by Neoplus Sixten Inc.

マツダデザイン本部長 前田育夫さん。
「車は商品ですが我々デザイナーにとっては『作品』と言えます。その作品が美しく見える空間を建築家とコラボレーションして作り上げました。」「和の美意識を取り入れ、"間” を大切にし、縁側(テラス)によってショールームの敷居を下げ、お客様をお迎えする場となるようにしました。」

Photo by Neoplus Sixten Inc.

サポーズデザインオフィス 吉田愛さん。
「碑文谷店と比べ高田馬場店の大きな違いは、駅が近く人通りが多いことです。町ゆく人が『ちょっとここで寛ごうかな』とふらっと入って頂けるようなデザインを心掛けました。」「幅60mものファサードデザインは初めての経験でした。カーデザイン用の3Dソフトと、幅7mもあるスクリーンを使った実物大のシミュレーションなど、カーデザインと同じプロセスでデザインするのも刺激的でした。」

【マツダ 高田馬場店】
・設計/デザイン:サポーズデザインオフィス
・デザイン監修:マツダデザイン本部
・施工:西武建設株式会社
・造園:SOLSO
・詳細:www.kanto-mazda.com/lp/new_takatanobaba

【関連記事】
「Bicycle street Design competition Aoyama」コンペ公開審査
アニエスベーの旗艦店「Rue du Jour (ルー デュ ジュール)」
Spreadの事務所兼住宅「上原の家」

このカテゴリ内の他の記事